« 誇れるもの? | トップページ | スケジュール »

2016年4月15日 (金)

気ままな自然の中で

学校が始まって、新入生も新しい仲間と集い、もうすっかりその生活に慣れつつある。

毎日通勤電車が動き、ネット情報はその時々の動きを伝え続けている。

Img_5241

電光掲示板に株価が点滅し信号機は規則正しく切り替り、いつもの通り工場が稼動する。

人それぞれの役割に沿って人々が動き、人間が作り上げたシステムは概ね順調だ。

Img_5240

だけど人間の心とか自然というものは、けっこう気まぐれで、とても管理しきれない。

人間関係はややこしいし、第一自分の喜怒哀楽すらコントロールできないでいる。

Img_5203

況や自然の気まぐれは、地震や火山・大雨などと、その度合いは相当なものだ。

人間は自分達の創ったシステムで計画どおりに生きているようでも、実は自然の論理に大きくつつまれて生きている。

Img_5202

殊に田舎で生まれ育った私なぞは、どじょっこふなっこ時代から今日まで自然と共にある。

日常的に山の中で過ごしているし、マラソン大会だって大抵は田舎を闊歩している。

Img_5201

それに季節季節の野菜を育てているから、自然の気まぐれとの付き合いは日常茶飯だ。

実は私の育てる葡萄の発芽がかつて無い異変で、最近になってやっと芽を出し始めた。

Img_5200

野には花が咲き、桜や柿だって青々と若葉を茂らせているのに、とち狂ってしまった様だ。

原因は暖冬で寒さに遭遇しなかったからだが、発芽の遅さは明らかに減収になる。

Img_5458

葡萄は芽を出して回りの温かさに驚き、十分成長しないまま慌てて花芽を出すからだ。

しかしまあこれも自然の気紛れの成せる業だから、怒りを抑えて優しくケアーする他無い。

Img_5438

そもそも人間の関係しない自然も無くなって、暖冬だって私達が原因かも知れないから。

それはともかく、外は若葉が目にまぶしい良い季節になった。

Img_5434

ナスやピーマン、キュウリなどの夏野菜もすくすくと成長を始めている。

これもすべからく、自然のもたらす恩恵なのである。

Img_5431

つくづくと、田舎者に生まれて良かったと思っている。

|

« 誇れるもの? | トップページ | スケジュール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気ままな自然の中で:

« 誇れるもの? | トップページ | スケジュール »