« 心のよりどころ | トップページ | 三界唯一心 »

2016年5月29日 (日)

梅雨のとば口

山ではササユリが咲き始めているが、ウラジロやシダ類が繁茂して走路を塞いでいる。

そいつを除去しようと槇バサミを持って山に入り途中まで行くと、同じ様な人が二人居た。

Img_5745

Wさんが槇整枝機を担ぎ、Kさんは草刈機で6kの折り返し点からこちらに向かっていた。

奇しくも三人とも同じことを考えていた訳で、梅雨を前にした不可欠な作業とはいえ、

Img_5746

誰かがやるだろうと考えているんじゃなく、率先してやる心意気が嬉しい。

そうなんだ、杣道の整備は森林管理署ではなく、私達がこの30年ずっとやってきている。

Img_5747

俄かに入山禁止とした管理署の措置がバカバカしく思えたのも当然なことだ。

ともあれ今日の半日三人が汗をかいて、私達の走路は大幅に回復したのである。

Img_5744

その他スズメバチの女王蜂を捕獲したり、かぶれの木の除去等環境整備に余念ない。

帰宅した午後は、今夜からの雨を前にしてやらなければならない事が山積みだ。

Img_5755

先ずはタマネギを収穫して、その後にオクラ50本ほどの定植である。

次は大豆「一人娘」を播いて、残った時間はブドウの整枝作業で一日が終わってしまった。

Img_5902

作業をほぼ終える頃、ポツリポツリと雨の気配である。

良くしたもので植物はきちんと植えておけば、後は自ずと自力で成長を始める。

Img_5754

管理者は適時適切に手を添えてやれば良いのである。

さてもう直ぐ梅雨入りだが、植え揃った田の早苗もアジサイの花もその雨を待っている。

Img_5903

暫し我慢するのは我々くらいだろうが、ランナーは雨の方が快調に走れるしね。

|

« 心のよりどころ | トップページ | 三界唯一心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山道の整備とかぶどう作りとか、走るだけじゃなくて色々やってるんですね。私は走っていない時は、テレビ見たり本読んだりで、何とかしないといけないなーと思ってます。

投稿: ララ無理 | 2016年5月29日 (日) 19時51分

 人生二度なし。今、ここ、自分を見つめて生きるってことを心がけようと思っています。とは言え、失敗も度々です。残る人生がどれほどか分かりませんが、まぁ精一杯生きたって思えれば良いのですが。
 UMも、そんな気持ちで走っています。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年5月30日 (月) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨のとば口:

« 心のよりどころ | トップページ | 三界唯一心 »