« ゴールは遥か彼方に | トップページ | 時間と私 »

2016年5月23日 (月)

おのがじし

今日は初夏を通り越して、一気に真夏を思わせる陽気になった。

とは言え、やはり完走を逸したショックは大きく、どうにも元気は出てこない。

Img_5855

昨日の18時過ぎ、暫くゴールの傍らに佇んでゴールする一人一人の顔を眺めていた。

思い出すのは、13時間59分45秒でゴールした時の20年前の自分の姿だ。

Img_5854

あの時は涙でブラインドが掛かって、ゴールはぼんやりと黄色くかすんでいた。

大くの仲間が待ち受けていた訳でなく、だからこそ己が心底から湧き上げてくる物があった。

Img_5853

そのあの時の光景が、眼前に幾つも再現されているのである。

山を幾つも超えて100kという途方もない距離を己が力で走り切った感慨は言うに及ばない。

Img_5850

その精も渾も尽き果てた己が心には、ただやり遂げたという、そのことしか残っていない。

「もう、良い。早く帰って横になろう。」急に冷える体をかばいつつ、そう思っていた。

Img_5849

100kを走り切るには、100%の体力を発揮して尚且つ気力の上乗せが必要だ。

今回は、どうやらそもそもの体力が損耗していたとしか考えようがない。

Img_5848

体力の万全を期して、改めて出直すしかないのである。

100kを走るその一人一人には、己がじし(為為)とも言うべき何がしかの思いがある。

Img_5846

遊び半分で100k和走ろうったって、そんなことはおよそ不可能なのである。

一年以上の準備を積み重ねて、なおかつ思い入れを乗せて走り出すのだ。

Img_5841

今年五度目のエルトラだが、全勝の目論見が早くも崩れてしまった。

しかし人生と言うのは、それぞれ各自の成すこと「おのがじし」なのである。

Img_5840

この100kも正に己が為為であって、自分の人生の一つのイベントなのである。

|

« ゴールは遥か彼方に | トップページ | 時間と私 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山早人さん、お疲れさまでした。確かに今回のランしている姿はいつもと全く異なり、苦しそうでしたね。早く体調整えて、次回のウルトラ完走して下さい。

投稿: 掛川ノブ | 2016年5月24日 (火) 08時27分

 ノブさんありがとう。自分ではあんまり自覚症状が無いんだけどね。やはり100kは、万全の体調で臨まないと駄目ですね。ここ一番の頑張りが利かないんだから。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年5月24日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おのがじし:

« ゴールは遥か彼方に | トップページ | 時間と私 »