« 人は無限に | トップページ | 飛騨に思う »

2016年6月13日 (月)

永遠のゴール

58kで沈没した野辺山から3週間経過し、再起を期して臨んだ飛騨高山UMである。

天気予報は曇りのち雨だが、会場に到着した4時頃には空は明るく晴れ始めていた。

Img_6118

第一感暑くなるのかとの心配だが、高山の涼やかな風のお蔭か体も足も爽快である。

Img_6124

ビッグアリーナをスタートして3k程で高山の古い街並みの路地を走る。

前日にk地さん達と枡酒で乾杯して、完走を期したあの酒蔵の脇である。

Img_6132

流石に観光名所として一番の売りでもあって、落ち着いた古色に見せられる所だ。

Img_6134

さらに城山公園を過ぎた正面の家の二階屋根に三人の姿が見えて、

彼らはこのUMの名物応援者でもあって、毎年この屋根の上からエールを送ってくれる。

Img_6141

「良しっ、今日もごーるを目指すぞッ」って気になるのも、ここからずっと山に入るからだ。

Img_6146

そもそも高山市は全国で2番目に面積の広い市だが、その大部分は山また山なのである。

当然ながらこのUMも、その幾つもの山を越えて走る様に設定されている。

Img_6147

まず最初の峠が美女(何故美女なのか?)高原で、その次がカクレハ高原、次いで

Img_6149

コース最高地点の1,345m飛騨高山スキー場まで急坂を登っていく。

それでもその間、エイドではリンゴやトマトのジュース、ヨモギうどん、カキ氷などを出してくれて、随分と疲れを癒される。

Img_6152

登りにかなりの時間を費やして、スキー場到着時間はもう目一杯の時間になっていた。

Img_6156

しかしこのスキー場からは15k余の下りが続き、ここで時間を稼ぐのが作戦だった。

それで急な下り坂を6分/kを切るペースで走るに走ったのである。

Img_6160

結果50k通過が11時23分と、後半の50kに37分(5k弱)の貯金が出来た。

Img_6164

貯金を増やそうと更に飛ばし、いよいよ60k地点からの地獄の千光寺への登りである。

この2k余の急登はもう登山そのもので、登り切った仁王門では閻魔様ならぬ妙齢の女性達が三味線の合奏で迎えてくれた。

Img_6169

更に石段を登り詰めると、そこには円空仏寺宝館があって、円空の多くの仏像がある。

Img_6171

立ち木に梯子を掛けそのまま仏像を掘ったと言う円空は、高山のシンボルでもある。

ともあれ千光寺から少し登るとその後は7k程の下りで、兎に角精一杯下っていく。

Img_6173

所が70k辺りから猛烈な疲労感を感じ出して、緩い下りでも歩くことが精一杯になった。

Img_6176

後続のランナーにドンドン追い抜かれるようになって、気持ちも弱気に傾いて行く。

それでも最終関門(74k地点)を1分30秒前に通過したのだが、いつものUMなら

Img_6179

「よおし、ここから」となるのだが、後続のカットされたランナーの波に押され、

遂にゼッケンを外しバスの人になってしまったのである。Img_6096

「何とかなった」という思いは、時間の経過と共に強い悔悟の念となったのである。

高山のゴールまでは基調として下りだし、再び元気になったかも知れないのである。

Img_6181

ともあれ、UM100kは2大会連続のリタイアとなってしまった。残念至極。

|

« 人は無限に | トップページ | 飛騨に思う »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日はブログの更新がなかったので、どっかで倒れてるんじゃないかと心配してました。とりあえず無事で良かったです。今年の高山はきつかったですね。昨年より1時間以上余計にかかりました。チャレ富士、天竜、野辺山と今年前半の疲れが効いてきたんだと思います。次は何ですか?一休みして仕切り直しですね。

投稿: ララ無理 | 2016年6月13日 (月) 20時04分

何とかゴールできました(13:41)前半の上り、高山スキー場まで歩かなかったことで貯金をうまく利用できました、写真の「生ビール」ちょうど地元クラブのメンンバーと一緒にになりグット一杯、無料かと思いや200円、よく冷えていて1000円位の価値はありましたね、残念なことは93.3kエイドで「飛騨牛」を食べなかったこと、昨年はゴールはあきらめて「飛騨牛」を腹一ぱい食べましたからね、できれば時間に余裕をもって食べたいものです。・

投稿: たける君 | 2016年6月14日 (火) 01時44分

 ララ無理さん、ご心配かけました。ほんと70k過ぎからはこれまでに無かったような疲労感で、バテターって感じでした。
 それでも、これまでなら「何とか、歯を食いしばって・・・」なんですが、切れちゃいました。
 この次は二週間後の「ゆめ街道」90kで、浜松駅から長野県の遠山郷まで。その次は7月末のモンゴルのサンセットサンライズ100kを走ります。
              山草人

投稿: 山草人 | 2016年6月14日 (火) 06時53分

 スキー場まで歩かなかったってのは凄い。私の周辺は全員歩いてましたからね。結局その貯金の差なのかな。下りで必死に走って逆に疲労を貯めてしまったようです。
 もうモンゴルに向けて万全の態勢ですね。何とかたけるさんについて行けるよう、常日頃のランニングに努めたいと思います。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年6月14日 (火) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/63772635

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のゴール:

« 人は無限に | トップページ | 飛騨に思う »