« 若さへの憧憬 | トップページ | エッサッサ »

2016年6月 9日 (木)

豊かさと子供達

今朝は特別支援の子供達が、サツマイモ挿しに我が家にやってきた。

その見物にと保育園の子供達も訪れて、ブドウ畑を見学して帰って行った。

Img_6054

「まだ、食べられないね」などと、一時は我が家の界隈が随分賑やかになった。

そうなんだ、子供達が数人いるだけで、周辺の雰囲気は様変わりしてしまう。

Img_6055

然るにこの国では少子化の流れが続いていて、今まさに高齢者の国になろうとしている。

少子化もさることながら、結婚というごく普通のことが普通でなくなりつつある。

Img_6056

それが経済的理由とかで、政府が低所得の初婚者に補助金まで出すという。

昔から「貧乏者の子沢山」と言われて、経済的に苦しくたって子供だけはちゃんと育てた。

Img_6057

それは子供の存在が一種の老後の社会保険でもあった訳で、今じゃそれが国になった。

子供が無くっても、ちゃんと老後は国が面倒みてくれるから、子供で苦労しなくても良い。

Img_6058

そんな風に安易に考える人が多くなったのかどうか?

しかし、あまりの少子化に国の財政も怪しくなって、景気だって一向に上向く気配がない。

Img_6059

これが仮に、特殊合計出生率1.8に回復とでもなれば、一気に様相は変わる筈なのに。

何故結婚して子供を産まないのかって、その理由は経済だけじゃないだろう。

Img_6060

今の人達は、本当は子育ての煩わしさを忌避したいんじゃなかろうか。

Img_6061

苦労して育てたって、親の期待どうりに育つなんてことは稀であって、子育ては厄介さ。

Img_6062

例えば先日北海道で行方不明になって7日ぶりに発見された子供さんだって、

Img_6063

果たして親の言う通りにはならない相当に芯の強い子供だったからこそ生還した?

Img_6064

真偽のほどは分からないが、ともかく子供は親の思い通りにはならないものだ。

Img_6065

幼い一人一人の顔を見ながら、この子たちの将来を想像してしまうのは歳のせいか?

|

« 若さへの憧憬 | トップページ | エッサッサ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/63753993

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かさと子供達:

« 若さへの憧憬 | トップページ | エッサッサ »