« 自分を演じて | トップページ | 残り10年? »

2016年7月27日 (水)

How far is it from here to the gool?

モンゴル行きの支度をしているのだが、これが中々の重装備になりそうである。

ウランバートルで一泊して翌日、ロシア国境に近いフブスグル県のモロン空港へ飛び、

Img_6583

その県都からジープで道なき道を数時間、キャンプ地のトイログに向かう。

トイログはモンゴル最大の淡水湖フブスグル湖の畔にあって、今回のスタート地点だ。

Img_6584

そしてそのフブスグル湖だが南北136k、琵琶湖の4倍もの広さがあり、モンゴルでは海と呼ばれている。

モンゴルで最も風光明媚な所らしいからそれは良いのだが、問題は今回の大会のコースである。

Img_6585

湖沿いを10kほど行ってそこから一気に2,300mの地点に駆け上がり、1700mまで下る。

そして再び25k地点から2,100mの地点を目指し、急坂を40k地点の1650mまで下る。

Img_6463

更にダメ押しとも言えるが、55k地点から2000mまで登って下る相当にタフなコースだ。

それに北緯50度の高原だから平地でも気温は10度以下になるし、山の上は果たしてどの程度なのか?

Img_6465

そんな難コースに加えて、地図にコンパス、水2リッター、防寒(水)具必携で、これをラグダの様に背負って走る。

まぁ良く調べもせずに、何とも恐ろしい大会にエントリーしたもので、少々呆れている次第。

Img_6466

がしかし、今しか出来ないというか、エントリーできるギリギリの年齢でもあって、

この一ヶ月余り、それなりに走りこんできたし、体調も万全である。

問題はコースアウトせずに、ゴールまで辿り着けるのかどうかだが・・・・

Img_6468

I `m lost.   I don`t know where I am.なんて成ったら・・それに訊ねる人も居ないだろうし!!

何とかゴールを目指すしかないが、この難コースを果たしてどれ程の時間で走れるのか?

Img_6470

まぁ~、挑戦には常に不安が付きまとうものだし、やってみるしかあるまい。

そして仲間から、You did very wel.  Congratulations!と祝福されて、

Img_6473

Oh , what a relief!(あぁ、ほっとした)って、そんな連想を膨らませている。

ともあれ How far is it from here to the  gool?(ゴールまでどのくらい?)って言葉は、度々使うだろうなぁ。

|

« 自分を演じて | トップページ | 残り10年? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

モンゴル大変なコースですね、月並みですが
距離表示も、目印も無いコース大変ですが体に気を付けいて完走して下さい。

投稿: 掛川ノブ | 2016年7月28日 (木) 08時11分

聞けば聞くほどタフなコースですね(O_O)
完走してくるだけでもヒーローです。
もし、ラクダを連れてこれたら、中田島砂丘で乗せて下さい(^-^)/

投稿: 弥生 | 2016年7月28日 (木) 16時55分

 そうです、ノブさん、時間はともかく、このコースを完走しなきゃ、何のためにモンゴルの果てまで行くのか分からなくなっちゃう。何とかして、たった一人になっても辿り着こうと思っています。生きて帰ったら、こんな馬鹿な奴だったかと、改めてよろしくお願いします。それでは、又お会い出来るのを楽しみに・・・是非、そうしたいと思っています。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年7月28日 (木) 19時55分

 エントリーは、20か国から70人だそうです。どの国のどんな顔をしたヤツが集まってくるのか楽しみです。そして、私よりも年上の人が居れば抱擁して、完走を誓い合うだろうな。良いじゃない。タフなコースであればこそ、闘志がいや増すって感じかな。
 かつて満蒙開拓団なんてのがあって(あれはもう少し南の満州(女真の地)かな)、日本人もかなり辛酸をなめた所だよね。
 その高原を、世界中の人々と共に走ることに汗を流すんだ。これは、この時代に生きているかにこそ出来るんだよね。
 ラクダは連れて帰るんなら二頭が良いな。中田島砂丘の月の夜、金と銀の鞍を置いて、仲良く並んで・・なんて素晴らしいなぁ〜。
 だけどモンゴルじゃ、ラクダよりも馬かな。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2016年7月28日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/63972950

この記事へのトラックバック一覧です: How far is it from here to the gool?:

« 自分を演じて | トップページ | 残り10年? »