« 愛鷹球場へ | トップページ | 再び愛鷹へ »

2016年7月22日 (金)

遊びをせんとや

毎黄昏時、家の近くを10k程走るようになって、かれこれ一ヶ月近くになる。

走りながら出会うのは、健康目的でウオーキング中の年配者、学校帰りの中学生くらいだ。

Img_6495

ごく稀に見知った小学生が自転車で「こんにちは」と声を掛けていく程度だろうか。

子供の数も少なくなったが、それにしても学校から帰った子供達は何をしているんだろうか?

Img_6506

私が子供の頃には、誰もが遊びを探して歩き回っていた。

かくれんぼに陣取り、馬飛びやら縄跳び、かえん捕り(殺生)、木登り、相撲などなどだ。

Img_6493

それも物のない時代だったから、竹馬や竹とんぼ、凧だって手作りで作る遊びだった。

今は昔と言えばそれまでだが、今時の子供はTVかゲーム、ラインと言ったところだろうか。

Img_6491

いやいや大人だって縁台将棋だの何だのと遊びを作っていた筈だが、

今時は年寄りがグランドゴルフやTVで時間を潰している。

Img_6490

仕事から帰った大人は、晩酌しながらTVで過ごして、子供達と大差は無いのだろう。

「遊びをせんとや 生まれけむ 戯れせんとや 生まれけん 遊ぶ子供の 声聞けば

Img_6489

我が身さへこそ ゆるがるれ」言うまでもなく梁塵秘抄にある歌謡だ。

その夢中になって遊ぶ子供達の声が聞こえてこない時代になっている訳だが、

Img_6487

「遊びせんとや 生まれけん」は人間の性であって、人は幾つになっても遊ぶべしだ。

遊び心を忘れた人間は、歌を忘れたカナリア同様に魅力の無い存在かも知れない。

Img_6484

問題は何をして遊ぶのかだが、遊びにも継続と言うか、のめり込むってことが必要だろう。

意識して自分をそこに持っていく、その為に次から次へと布石を打つってことかな。

Img_6483

遊ぶ目標が出来れば、今度はその為にコツコツ努力する。

さてこそ当面私の目標はモンゴル100kを完走することで、その為に暑い中を走っている次第だ。

ポケモンGOも良かろうが、私はバカモンGOで遊びせんと思っている。

|

« 愛鷹球場へ | トップページ | 再び愛鷹へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/63949671

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びをせんとや:

« 愛鷹球場へ | トップページ | 再び愛鷹へ »