« 色彩の掌(たなごころ) | トップページ | アジサイ »

2016年7月 3日 (日)

弓張りの山の要

今日は、石巻山登山マラソンである。

豊橋の石巻山の麓に集まったのは、既知の皆さんが多く30名余である。

Img_6317

真夏のこのマラソンは、標高356mの石巻山を一往復半する少しタフなイベントで、

ラン+風呂+宴会の三部構成の言ってみれば納涼マラソンである。

Img_6318

それでも自己ベストを目指す人やら、今年も元気に完走しようというランナーが行き来する。

Img_6321

斜面を行き交いながら、お互いに何度も顔を合わせるのが他の大会と違うところだ。

実はこの大会は、もう既に30回を超えて続けられている大会で、それだけに味がある。

Img_6324

特にたっぷり汗をかいて風呂に入り、その後の宴会が信じられないことに、

何と3時間を超過して続くのである。

Img_6335

走るスタミナとは違うとはいえ、何時の間にか午前の疲れを忘れてしまうから不思議だ。

ともあれ、走り終えて後、石灰岩の露出している山頂を目指した。

Img_6337

20分弱の急登だが、ここに来るとこの山頂に達することなく帰るのが惜しく思われる。

Img_6338

殊に先に登った二人の美人が待っていると聞かされ、足の疲れも何のその・・・・。

石巻山は戦国時代の城塞跡でもあって、山頂からは豊橋の先の海までも見張らせる。

Img_6339

その石灰岩の露頭に立つと、さっきまで裾野をウロウロしていたのが嘘の様にも思われる。

Img_6341

毎年元気でここに立てる幸せを、少しばかり感じていた。

Img_6343

頂上近くに石碑があって、誰の歌か次のように刻まれていた。

Img_6344

「弓張りの 山のかなめと 天そそる 石巻の峰は 神います山」

Img_6345

或は石巻神社を詠ったのかも知れないが、確かに扇の要の様な位置に聳えている。

Img_6346

私にとっても、この大会が終わると夏本番が始まるのである。

Img_6347

|

« 色彩の掌(たなごころ) | トップページ | アジサイ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは明石市の内田です。
山草人さん元気に走っていますね。
今年の飛騨高山71km完走しました。
石巻山登山マラソンを見て飛騨のウルトラのスキー場までの坂道を思い出しました。
完走後の宴会楽しそうですね。
萩田さんの計画応援します。

投稿: 内田 | 2016年7月 8日 (金) 12時29分

 スキー場までは、ずぅっと登りだからね。あの登りを歩くことなく走ることが出来れば、完走は間違いありません。
 内田さんは71kの作戦が成功したようですが、私はもう少し100kの世界で頑張ってみようと思っています。
 来年も是非、高山でお会いしましょう。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2016年7月 8日 (金) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/63864646

この記事へのトラックバック一覧です: 弓張りの山の要:

« 色彩の掌(たなごころ) | トップページ | アジサイ »