« 遊びをせんとや | トップページ | 孫娘 »

2016年7月23日 (土)

再び愛鷹へ

今日は第4戦、袋井高校とのベスト8を掛けた戦いである。

事前の下馬評はエース加藤と袋井の稲垣との投手戦と言うことだったが、

Img_6554

加藤はライトに回って温存し、4人の投手を継投して戦う第2戦と同様の作戦を取った。

結果は双方ともに打撃戦となって、エラーがらみで前半に4点を先取されることになった。

Img_6555

流石に四点は重く、攻撃に打ち気が先攻してして、ヒット性の当たりも好捕されてしまう。

それでも後半に入って、やっとタイミングがあって加点を始めるのだが、遅かった。

Img_6556

最終回の裏、五対三でランナー一・二塁、二アウトでバッター加藤となって、

一打逆転サヨナラの場面を迎えたのだが、ツウスリー後のバッテングは力が入りすぎた。

Img_6557

結局、高ぁ〜いサードフライとなってゲームセット。

我が校球児たち、そして応援する我々の暑い夏の終焉となった。

Img_6558

選手達には良く頑張ったと感謝したいし、尊敬したいくらい多くの感動も与えてもらった。

それにしても今回は、ナインの一人一人が大きく見えたし、ホントはもう少し勝ち進ませたかった。

Img_6559_2

ところで、今日は「尊敬」と言うことを考えていた。

スポーツや職人の世界では、先達や監督は真に尊敬される存在だ。

Img_6560

先輩の或は優れた技能を持つ人間の真似をすることから自分の上達が始まるからだ。

このあらゆるメカが発達した時代、尊敬と言うことを忘れた時代になっている。

Img_6561

子供の頃、親父の背中は凄く大きく見えたし、何でも知っている凄い存在だった。

自分が生きていくには、この親父から学ぶ他ないと子供心に感じていた。

Img_6562

翻って今日、子供達は果たして親父をどの程度尊敬しているだろうか?

幸か不幸か、世の中が均平化されて、地位や財産ってことがあまり意識されなくなった。

Img_6563

同時に先達や親があんまり尊重されなくなったと言える。

親に依存しなくたって生きていけるもん…・ってことで、それが良いのかどうか? 

Img_6564

余談になったが、スポーツ(勝負)の世界は、戦ってみなければ結果は分からない。

たら、れば・・・の思いは残るが、これが結果であって、今年のチームは良く戦った。

|

« 遊びをせんとや | トップページ | 孫娘 »

「スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/63956320

この記事へのトラックバック一覧です: 再び愛鷹へ:

« 遊びをせんとや | トップページ | 孫娘 »