« 人生の大欲 | トップページ | 幼保園の子供達 »

2016年8月22日 (月)

人生謳歌型アクティブシニア

定年後の生き方のタイプ分類だそうだが、対極に意気消沈型ポジティブシニアが存在するのかどうか?

Img_6986

実は私の周りにはその謳歌型のタイプが溢れていて、意気消沈型をあまり知らない。

と言うよりも、その可哀想な生き方(?)を知りたいとも思わないのだが、

Img_6984

どうせ捻くれた根性になっているだろうことは想像出来る。

人間の分かれ道は、その「意気地」如何だと思っている。

Img_6983

やる気とか向上心、挑戦する心や前向きな考え方と言い変えても良いだろう。

どうせ・・とか、俺なんて、しょうがない、そんな大変な・・、やだやだ・・などは、意気地無しの言うこと。

Img_6979

人間どうせ生きるなら、死ぬまで前向きでありたいと思っている。

そして、今出来る最大限に挑戦し続けることだ。

Img_6978

定年退職後、それでも精一杯働き、懸命に遊び、以前よりずっと色々と考えるようになった。

Img_6977

そう言う意味では、私も今現在の人生を謳歌しているし、毎日を心弾んで生きている。

思うことは、「そんなに長いこと生きられる訳でなし、今出来ることを精一杯」と言うこと。

Img_6976

結果として朝暗いうちからあれこれと始めて、夜は目一杯疲れてパタンキューの毎日だ。

Img_6975

ブドウの収穫も朝早くから続いたがそれも残り半月で、その後はホウレンソウが始まる。

自分の仕事も遊び事も、やはり創り続けることが肝心だ。

Img_6974

平成のジイジはアクティブで、月並みに何かと多忙なのである。

|

« 人生の大欲 | トップページ | 幼保園の子供達 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「人生謳歌(心弾んで生きている)」楽しんで生き抜くなんてかっこよすぎですね! 
*私もあと何十年も生きれるのでないと思っていますから 今できること目の前にあるものをコツコツ忘れないようにやり抜く事だと思います。これからの自分の人生にどう向き合って楽しく過ごすかですね? <元気と笑顔が大切ですね!punch

投稿: gaku | 2016年8月22日 (月) 20時17分

 そうですね、gakuさん。元気と笑顔が基本ですね。その上で、残された日々を何に使うのか、始終考えるようになっています。
 それに考えると同時に行動に移すことも肝心ですよね。そんな具合に、少しだけ前傾姿勢で生きたいと思っています。今後ともご指導の程、よろしくお願いします。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年8月23日 (火) 08時52分

 林さんはじめまして、コメント戴き有難うございます。「春の余の夢」は2009年2月8日の記事です。既に7年が経過するのですが、当時と何ら心境が変わることはありません。やはり人は「自分の人生とは、なんなのか」を思いながら試行錯誤するものなんだろうと思います。
 ただ少しだけ当時と変わったこと、それは過ごし行く日々が少しずつ楽しくなっていくような気がすることです。まぁ〜、大らかに生きられる様になってきたってことでしょうか。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年8月23日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64096069

この記事へのトラックバック一覧です: 人生謳歌型アクティブシニア:

« 人生の大欲 | トップページ | 幼保園の子供達 »