« 馬子の衣装 | トップページ | 命の使い方 »

2016年8月31日 (水)

市井の暦日

昨日「丹後100kウルトラ」の登録番号が届いて、20002番だと言うのに驚いた。

この丹後を走り切れば10回目の完走となって、「タイタン」の称号が戴けるんだそうで、

Img_6973

その候補者のゼッケン番号なのだそうだ。

それにしても、もう十数年この大会を走り続けて、既に9回完走しているとは知らなんだ。

Img_6985

月日の流れは速いもので、幾分の白髪と共に馬齢だけは確実に重ねてきたものらしい。

そもそも人間の体と言うものは、生まれた瞬間から老化(壊死)が始まるものらしく、

Img_6987

そうだからと言って、歳をとれば老人に成ると決まったものでもないようだ。

ギリシャの哲人の言葉を借りるなら、五十歳過ぎてからやっと一人前になるらしい。

Img_6990

つまり人間はある程度老化しないと、成熟の域に達しないと言うことだろうか。

私自身も古稀になんなんとしている訳だが、気力体力共に歳をとったなぁ~と言う実感は全く無い。

Img_6992

それに若い頃(50歳以前)の自分を「青かったなぁ~」とさえ思うようになっている。

そりぁ~、髪の毛が薄くなったり、朝の目覚めが早くなりはしたが、今の私にとってはそれだって進歩だ。

Img_6994

毎朝の日課(収穫作業や立哨)をこなすのだって、それなりに歳を経たから出来るのである。

コツコツと体を鍛えて、もう30年近くも100kウルトラマラソンに挑戦してきているし、

Img_6998

山にだって登るし、この体力は急に失われるものでもないだろう。

それで、世間一般の老人の定義は間違っているのではないかとさえ思う。

Img_7001

毎日それなりの仕事もしていて貧乏暇無しだが、まさに人生の現役なんである。

ともあれタイタンとは、ギリシャ神話の神でもあるし、土星の第六惑星でもある。

Img_7007

あぁ~それに、初期のICBMの名前も確かタイタンと呼ばれていたっけ。

いずれにしても、是非とも完走してタイタン(称号)を戴こうじゃないのって気持ちになっている。

|

« 馬子の衣装 | トップページ | 命の使い方 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「丹後100kウルトラ」の登録番号が届いて、[20002番]ですか?是非とも完走してタイタン(称号)を手にしたいですね! *(私もチャレンジです)けじめのレースになるとちょっと緊張しますが、楽しくランしましょう!<よろしくお願いします>

投稿: gaku | 2016年8月31日 (水) 21時03分

タイタン是非GETしてください。
浜名湖はご一緒できると思います。
宜しくお願いいたします。

投稿: 掛川ノブ | 2016年8月31日 (水) 21時13分

タイタンの称号って、野辺山みたいに何か証があるんですよね?
どんなのか興味あるな~♪
デカフォレストに続く偉業の達成を期待してますよ!(^^)!

投稿: いけさん | 2016年9月 1日 (木) 00時51分

 gakuさんが一番で私が二番。さてさて、今回は大きな宿題を抱えてしまいましたね。
 最近、回を追うごとに100k完走が大変になってきました。相当な決意をしてかからないと、100kは走り切れないと言うことです。
 gakuさんに引っ張ってもらって、タイタンを是非クリアーしたいですね。
              山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月 1日 (木) 19時35分

 ノブさん、有難う。タイタンを引っ提げて浜名湖を走るか!! 10年たてば10際馬齢を重ねている訳で、何時までも四歳馬と言う訳にはいきません。もう農耕馬ですが、老骨にムチ打って頑張ってみます。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月 1日 (木) 19時40分

 池さん、興味よりも自分で手にすることが肝心でしょう。こいつはね、相当にシブトくないと手に出来ない称号ですからね。
 実は野辺山のデカフォレストは、自分の目標として勝ち取ったのですが、今回のタイタンへのリーチは青天の霹靂。「おや、そうだったのか?」って感じです。それでも折角だから、ここでやり遂げなきゃね。
               山草人
 

投稿: 山草人 | 2016年9月 1日 (木) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64135401

この記事へのトラックバック一覧です: 市井の暦日:

« 馬子の衣装 | トップページ | 命の使い方 »