« ゆっくりの贅沢 | トップページ | 市井の暦日 »

2016年8月30日 (火)

馬子の衣装

スーツを着ることがとんと少なくなって、大抵は小パン・ランシャツで過ごしている。

子供達に「ショウパンの叔父さん」って言われてる位だから、かなり板についているし、それに過ごし易い。

Img_6944

堅苦しい衣類などは式服を残して、可能な限り減らして行こうと思っている。

先日あるラン仲間に「背広姿が似合うんですねェ〜」と言われたが、三十数年の積み重ねがあるから当然でもある。

Img_6945

その友人は、常日頃のラフな格好を見尽くしていたから、稀なスーツ姿に驚いたのである。

ところで私達は、生まれてこの方その風体で持って、自分を表現し続けている。Img_7025

その時々の衣装もそうだが、自分の顔だってその生活の在り様によって少しずつ変わっていく。

馬鹿・アホになるんなら、口をだらんと開けて目尻を下げヘラヘラ笑っていれば良い。

Img_7050

こ狡い人間は、顔を動かさずに細目で眼球だけを動かして、人を横目に見れば良い。

ヤクザなら、背を丸めて肩を怒らせて上目遣いに歩きゃ良い。

Img_7051

そしてそれなりに良い顔になるには、良書を読んで思慮深く・・・・それは言わずもがなだね。

私も長いこと自分の顔が嫌いだったけど、そりゃ〜自分の了見違いだったようである。

Img_7052

最近ではようやく馬子らしくなってきたと言うか、キリキリした顔が失せて穏やかになった。

ところで、人生はここまで歩いてくると、永い様でそれ程でもなかったなぁ〜と思う。

Img_7054

改めて言うまでもないが、人生80年とすれば、たったの2万9千日に過ぎない。

それも70年近く使っちゃったんだから、残りの日数は4千日あるのかどうか。

Img_7112

そう思うと私にとっての一日は値千金で、とてものこと良い顔をして過ごすのが肝心な訳である。

衣装なんてのは仮のもの、金襴緞子を羽織ってあの世に行けるものでなし、馬子の装束で十分である。

Img_7113

それにしても・・・・・・残り4千日かぁ〜!!

|

« ゆっくりの贅沢 | トップページ | 市井の暦日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64131797

この記事へのトラックバック一覧です: 馬子の衣装:

« ゆっくりの贅沢 | トップページ | 市井の暦日 »