« 壮年熟期 | トップページ | サラリーマンと顔 »

2016年9月22日 (木)

ダメージを忍て

今日はお彼岸恒例の、遠州三山マラニックである。

雨予報にもかかわらず、袋井駅に20人余が集まって、可睡斎、油山寺、法多山を巡る。

Img_7433

お彼岸なのに三山とも散簡としていて、日本人の宗教心(?)もお天気次第なのである。

Img_7436

100k走から中3日開けたからもう大丈夫と走り始めたのだが、どうも勝手が違った。

Img_7438

さっぱりスピードが出ず、アッと言う間に皆さんに置いていかれてしまった。

Img_7441

遠州三山はいずれも袋井市内に在るが、いずれも由緒ある名刹である。

Img_7443

その三山をお彼岸の度に巡るってのは、私は心のどこかで気に入っていて、毎度参加する様にしている。

Img_7444

それに三山を巡りながらのラン友との語らいも楽しいのだが、今回は一人旅になった。

Img_7446

100kのダメージがこんなに続くのは無かったことで、自分としては少々ショックでもあった。

Img_7447

ともあれ27kを走り、和の湯にゴールして皆さんとの楽しい一時を過ごすことができた。

Img_7449

足の具合も、むしろ適度な刺激があった方が回復は早いだろう。

Img_7454

かなり疲れたけれど、それは心地良い疲れで、清々しい気分で(雨の中を自転車で)帰った。

Img_7459

やはり、人間はアレだね。

人と人がどう関わるかってことが、その人生を決めていくと思うんだ。

Img_7460

私はたまたまランの世界で多くの友を得たけれど、どんな世界だって同じことだろう。

どの世界にも俺が俺がって人がいるけれど、その人は実はとっても寂しい人なんだと思う。

Img_7461

近所に爆音と共にバイクを走らせるお兄ちゃんがいて、とっても寂しそうな顔をしている。

警察にも「何とかして!!」って声が行ってるらしいが、彼は「俺は、今ここにいる」って必死な思いで主張しているのだろうと思う。

Img_7462

はた迷惑には違いないが、彼に似合いの女性が現れれば、バイクなんて打ち忘れるのではないか。

要するに、人生は人と人なんである。

Img_7463

今日も、少し無理して出掛けて良かったとしみじみ思っている。

|

« 壮年熟期 | トップページ | サラリーマンと顔 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま すごいです!丹後から休むことなく雨のランですか? たとえマラニックといえども30キロ近くのラン お寺の階段も上がる遠州三山 仲間と楽しいラン・温泉と一杯 ゆっくり休んでください。

投稿: gaku | 2016年9月22日 (木) 19時36分

遠州3山お疲れさまでした。参加されたんですね。タフですね。私は今回参加できず残念でしたが、浜名湖宜しくお願いします。

投稿: 掛川ノブ | 2016年9月23日 (金) 08時06分

 恒例の行事には、先ずは出掛けないと後で後悔しますからね。gakuさんの回復具合は如何でしょうか? 今回ばかりは、何時になくダメージが大きかったようですが…。
 それでも、あれだけ疲労して帰ったのに、もう次のレースを考えているんだから、人間は面白いもんてす。
 次は、何処でgakuさんと相まみえるのでしょうか?
              山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月23日 (金) 18時09分

 常連のノブさんの顔がなくって、少し残念でした。私は、同じ大会に何回も繰り返し参加するのを常としています。これと決めたらとことん付き合うって感じですね。
 新しい大会にも大いに興味がありますが、それよりも同じ所を走って、自分の経年の変化を考えるというか、時の推移を楽しむことにしています。そうすると、仲間一人一人の変わり様も興味深いし、自分も比較して少しばかり面白いのです。
 野辺山の20数年が、正に私の直近20年の遍歴なんですから。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月23日 (金) 18時18分

毎日ブログ見てます。今日のは特に良かったというか、心に響くものがありました。人生は人と人だねっていうところが。

投稿: ララ無理 | 2016年9月24日 (土) 08時13分

 ララさん、有難うございます。読んでいただいて、何かの足しになれば、望外の喜びかもしれません。
 このブログは、もう3,800日近く書き続けてきましたが、当然ながら自分の為に書いている面があります。でも、ひょっとして見て下さる方に、何がしかのプレゼンになれば、それに越したことはありません。
 人と人は、対面して会話することが一番ですが、日々のブログで繋がるってこともありますからね。
 たかがブログ、されどブログ。10年を経過し、そろそろ止めようかと思うこともあるのですが、多分、当分書き続けるでしょうね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月24日 (土) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64240829

この記事へのトラックバック一覧です: ダメージを忍て:

« 壮年熟期 | トップページ | サラリーマンと顔 »