« 年齢の輪郭 | トップページ | タイタンに!!! »

2016年9月17日 (土)

愛しの丹後

今日丹後の空は、曇り空が泣き始めポツリポツリと雨が降り始めている。

どうやら、明日は朝から一日雨になりそうである。

Img_7343

この浦嶋子(浦島太郎)の故郷である丹後に来るのは、今年で何年目になるだろうか?

朝8時家を出て、O場さんが120k超をぶっ飛ばし、14時過ぎには到着してしまった。

Img_7344

この十数年余、長駆400k近くを走って、毎年この明媚な丹後に通ってきたのである。

感慨は、その間に9回の完走をし、今年は10回目のタイタンに挑戦と言うことの筈だが、

Img_7345

「そうか、10回目か!」と言うクールな思いだけで、その間の幾つものここでの出来事を思いだしている。

Img_7346

そして気分も体調も気負うことなく、極めて冷静なのである。

Img_7347

走り出してみなければ結果は分からないが、ともかく雨の中を淡々と14時間走り続けるだけだ。

やるべきことは、すべてやってきたのである。

Img_7348

丹後は、丹後風土記の浦嶋子だけでなく、静御前(しづやしず 賎のおだまき 繰り返し・・と頼朝の前で舞った)の故郷であり、細川ガラシャの縁故の地だ。

Img_7349

天橋立や夕日が浦、蕪村縁故の与謝、かつて繁華で知られた宮津、それに安寿と厨子王の舞台でもある。

Img_7350

言うならばロマンの里でもあって、静かでのびやかなところである。

Img_7351

更に加えて毎年お世話になってきた茂左衛門の親父さんは、今年を最後に宿を閉めるという。

Img_7352

さても、宿の夕食は例年のように皆で宴会である。

Img_7353

鏡さんは、三味線を弾き歌い・・・・なだそうそうには、私は迂闊にも涙していた。

Img_7355

この十数年のこの宿での出会いを、つらつら思い出してしまったのである。

人と人の出会いは、摩訶不思議なものでもあって、鏡との出会いもそうなんだ。

Img_7356

明日の朝は3時起床、4時半スタートである。

|

« 年齢の輪郭 | トップページ | タイタンに!!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天気はいまいちですが是非完走してください。

投稿: 掛川ノブ | 2016年9月17日 (土) 22時54分

現在15時、苦しい時かな〜と思いを馳せつつ完走を祈っております。

投稿: 弥生 | 2016年9月18日 (日) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64216486

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しの丹後:

« 年齢の輪郭 | トップページ | タイタンに!!! »