« 一日の時間 | トップページ | 飯を食う道具? »

2016年9月 3日 (土)

故郷に錦

特別に卓球お宅と言う訳でもないが、今日はミーハーをやってきてしまった。

人口20万人そこそこの街で二人のメダリストが登場するなんてことが、100年に一度あるのかどうか?

Img_7151

卓球のエース、清水隼選手と伊藤美誠選手の凱旋パレードである。

Img_7154

二人ともまだまだ若過ぎるくらい若いし、伊藤選手は弱冠中学三年生に過ぎない。

Img_7155

その二人が揃って真っ赤なブレザーを羽織ってオープンカーに乗り、ジュビロードをパレードするんだから、人出は当然のこと。

Img_7156

押すな押すなの人の波で、人垣の後ろから写真を撮るのがやっとだったけど、やぁ〜綺麗だった。

沿道からは「可愛ぃぃ〜」の声も響いて、若い二人の顔も一際輝いて見えた。

Img_7157

ところでこの時代、世界と言うものが随分と身近にはなったが、その最高レベルルに至るのは想像を絶する目標だ。

そしてその目標に歳若くして届くのは、とてものこと凡人に出来る技ではあるまい。

Img_7158

しかもこの磐田の限られた地域から、この二人は相次いで頭角を現したのである。Img_7161

そもそも人材を育む地域には、歴史的或は特殊な環境があるのかも知れない。

Img_7162

歴史ならば明治維新を担った人材が薩摩・長州だったのは当然としても、薩摩から輩出した人材の多く(大久保利通、西郷隆盛・従道etc)は、同じ村の出身者だった。

Img_7163

スポーツとてゴルフの尾崎兄弟や沖縄出身者の隆盛など、やはり何らかの土地の要素が有るのではないか。

Img_7164

ともあれ、身近な所からこれからのスポーツ人が登場したことに、誇らしい気分だ。

Img_7165

|

« 一日の時間 | トップページ | 飯を食う道具? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

磐田の街が活気付きましたね?「soccerサッカーの街・ラグビーの街」そしてこんどは「卓球の街」になっていくのでしょうか?☆袋井の広報9月号は「夏の高校野球baseball準優勝の袋井高校」の表紙です。☆若い力があって町全体が盛り上がることができることは素晴らしですね!ファイトpunch 

投稿: gaku | 2016年9月 4日 (日) 21時17分

 パレードには3万人余が集まったと報じられ、地元紙も一面で大きく報じてくれました。郷土の誉は言うまでもありませんが、これに触発されて、またまた卓球少年が増えることでしょう。
 そうですね、磐田はヤマハなどスポーツ器具製造の街でもあります。スポーツが盛んになるのは、本当に良いことですね。
              山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月 5日 (月) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64151450

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷に錦:

« 一日の時間 | トップページ | 飯を食う道具? »