« あの日あの時 | トップページ | 自分の時間 »

2016年9月11日 (日)

気儘な東京マラニック

今日は品川から東京スカイツリーを目指して走るエンジョイマラニックである。

だが、例年のコースと少し変わった所を辿ってみようとS嬢の提案があって、今回は裏コースを行くことにした。

Img_7214

品川はもう海浜のすぐ側だが、そちらに向かわずに駅の北側の泉岳寺を目指した。

Img_7217

2k程であの浅野家の菩提寺であった泉岳寺に着くと、想像以上の立派な門があって、

Img_7222

ここには内匠頭の首を洗った井戸をはじめとして、四十七士の墓石が並んでいる。

Img_7228

正に300年前の江戸元禄を彷彿とさせる場所と言えるが、その墓石に享年の年齢が刻まれていた。

Img_7229

四十七士は流石に二十代の若手が多いのだが、中に60代の志士もいる。

Img_7231

その墓石を眺めながら、20年の人生と60年の人生の中身を思っていた。

Img_7238

その彼らの生きた軌跡にどれ程の違いと意味があっただろうかと言うことである。

Img_7242

さても、そんな感傷に浸りつつも、仲間は既に増上寺に向かって走り始めていた。

Img_7246

増上寺までは5kほどで、言うまでもなく徳川家歴代将軍の墓所であり、歴史の舞台にも繰り返し登場する場所でもある。

Img_7250

往時は広大な寺域があって、東京タワーはその一角に聳えている。

Img_7252

次は日暮里に向かうのだが、ここへは浜松町から電車でワープしなければならない。

Img_7266

日暮里駅を下りると、直ぐにあのレトロを売り物にした谷中銀座が続いている。

Img_7267

猫でも有名らしいが、私達は揚げたてのコロッケとビールでこの銀座を少しばかり味わった。

団子坂下を通って不忍通りを少し行くと、そこには国宝の根津神社が鎮座している。

Img_7269

その根津神社から1.5k程で本郷通りに出て、加賀藩の赤門から東京大学へ。

当然ながら三四郎池をぐるっと回って、あの安田講堂の前に出る。

Img_7271

あの45年前のブンドが立て籠もった事件を思いだしながら、あれは何だったのかとも思う。

Img_7275

神田明神に詣で、秋葉原に出てラーメンの昼食を済ませ、今度は両国である。

Img_7291

国技館の初日の賑わいを横目に、私達は隅田川の岸部を浅草に向かって走っている。

Img_7293

Img_7306

浅草寺の賑わいは相変わらずで、その脇をすり抜けて、15時近くSKY TREEにゴールである。

Img_7313

さても、今回の東京マラニックは、ご馳走と観光の一日となった。

Img_7327

皆と離れて8人をリードして下さったS嬢に感謝の一日であった。

|

« あの日あの時 | トップページ | 自分の時間 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

楽しそうですね、今回は参加できず残念でした。来週頑張って下さいね。

投稿: 掛川ノブ | 2016年9月12日 (月) 08時14分

お世話になりました。

今回も食べ過ぎ、飲み過ぎでダイエットにはなりませんでしたが楽しくお上りさんを体験しました。

東京も広く知らない所が多く興味深く探索できました。

S嬢共々大変お世話になりありがとうございました。

投稿: かわい | 2016年9月12日 (月) 09時04分

 そうです、ノブさん。参加できなくって残念でした。下町の江戸庶民の息遣いを少し感じられて、何だか楽しくなりました。揚げたてのコロッケも、名物の鯛焼きも美味しかったしね。
 いよいよ丹後ですが、兎に角タイタン目指してひたすら走るだけです。よろしく。
              山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月12日 (月) 17時34分

 いやいや、かわいさん。私こそお世話になりました。東大の構内には始めて入ったんですが、あの三四郎池は色合いと言い、何とも風情を感じさせるものでした。一人たたずむ女性の姿が、何とも竹下夢二を連想したりしましてね。江戸三百年、そして明治以降の百数十年・・・東京には、何だって有るんだから。私の今回のイメージは、明治維新の際に灯台の講堂あたりにアームストロング砲を据えて、上野の寛永寺に籠っていた彰義隊を砲撃したって当時を連想したってことが最大かな。大村益次郎って男は、桁外れに先見の明があったんですね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月12日 (月) 17時45分

今回も色々ご講義頂きましてありがとうございます。不出来な生徒で「こいつ、どこまで理解してんだ〜」と思われた事でしょうが、多少は頭に入ったと思います。^^;
来週の丹後ウルトラでのご健闘をお祈りしてます。

投稿: 弥生 | 2016年9月12日 (月) 19時46分

 いやいや弥生さん。頭に浮かんだことをついつい口にするのが悪い癖でして、誠に申し訳ありません。
 不出来な生徒どころか、我慢して聴いて下さる弥勒菩薩様!!
 丹後は痛めた腰を庇いながらのランになりそうですが、まぁ〜現時点で出来ることを精一杯やってやろうと思っています。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年9月12日 (月) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64191277

この記事へのトラックバック一覧です: 気儘な東京マラニック:

« あの日あの時 | トップページ | 自分の時間 »