« 遊びも真剣 | トップページ | ぐるっと浜名湖 »

2016年10月 1日 (土)

人生の価値

現役真っ盛りの頃、職場の先輩達の出世(昇進)競争の幾ばくかが垣間見えることがある。

すると「あの人は、もう終わっちゃったね」などと、飲み屋で噂話をしたものである。

Img_7492

たかが小さな職場での昇進が数年遅れたくらいで、終わっちゃったも無いものだが、

職域での生活が90数%も占めていた当時は、職場での栄進こそが人生と考えていた。

Img_7489

あれから二十年も経って、あの若かりし頃を思いだしているのだが、

今だって世間じゃ、役員に成れるかなれないかが分かれ目と、どろどろした競争がある。

Img_7493

そんなこんなをクールな目で俯瞰しながら、「人生ってなぁ〜、価値は多様だぜッ」って思う。

運が良くって出世競争に勝ち残った者が、定年後も順風かと言うと必ずしもさにあらず。

Img_7480

息せき切って駆け上がって、定年後数年も経ずに死んじゃった人だっているしね。

これは日本人の悪い癖なのか、世間を知らない子供の頃は喧嘩の強さに価値があった。

Img_7494

それが中学校くらいから学校の成績がものを言う様になって、職場じゃボジィションだ。

兎角目の前のニンジンに食らい付くのが日本人だが、そういう諸々を通り過ぎて来ると、Img_7479

健康とか交友関係、或は趣味や道楽の方が後生大事になる。

その日一日一日を何に没頭して、何を達成したかってことが大切になるんだ。

Img_7495

「あれはいけない。これは駄目」なんて組織の制約が少なくなって、自由な行動を手にする。

Img_7496

ともあれ人間は、その年齢相応に自分の生甲斐(自分なりの人生の価値)を見つけ出して行く。

Img_7430

そして今、結構狭っ苦しい社会を生きてきたなぁ〜と達観しつつ、これからを考えている。

何だかかなり先までの人生が残っている様な気がして、それをどう生きるかと思案しているのである。

Img_7329

「終わっちゃった」どころか、私の人生は始まったばかりではないかと思ったりもする。

|

« 遊びも真剣 | トップページ | ぐるっと浜名湖 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人生は還暦過ぎてからですよね⁉︎
よい人生を過ごせるように準備中です。
(o^^o)

投稿: 弥生 | 2016年10月 3日 (月) 11時02分

 そうですね、還暦は暦の上の通過点であって、私達の人生は綿々として続いているのです。只、定年退職と言うことが余りにも大きな節目として意識され、そこで戸惑う人が多いんでしょうね。
 その時点で折角の自由を手にしても、それを生かすことが出来ない悲劇かな。まぁ折角生きているんだから、とことん納得できる様な生き方をしてみたいと思っています。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 3日 (月) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64283911

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の価値:

« 遊びも真剣 | トップページ | ぐるっと浜名湖 »