« 懸命に遊ぼう | トップページ | 強歩会 »

2016年10月20日 (木)

後生大事

もうそんなに生きたのかと感心したくなるが、何と69歳の誕生日を迎えようとしている。

人生50年と言われた時代からすれば、既に二十年近くも長生きしたことになる。

Img_7604

しかるに、この現在の瞬間がずぅっ〜っと永遠に続くかのごとき思いで生きている。

不思議といえば不思議だが、私達は自分が死ぬなんてことを考えずにいられるんだ。

Img_7603

しかしそれは錯覚と言うべきもので、いつ何時病気やボケ、或いは死に遭遇するかも知れない。

Img_7642

そう言う年頃になりつつあるってことを、気持ちのどっかにちゃんと持ってないと遺憾だろう。

そういう意味で向後の毎日は、茶道で言う「一期一会」が肝心かと思っている。

Img_7644

今日のこれが人生の終わりと思って生きろと言うのだが、気持ちはともかく果たしてそんな事が可能なのかどうか?

Img_7645

少し力を抜いて、後半生は悠々自適で生きたいと言う人もいる。

Img_7646

世俗から離れて自分のしたいことをして暮らす・・・一種の隠居の思想であろうか。

昨夜の続きを考えているのだが、やはり人間は幾つになっても目標を持つことが大切だ。

Img_7647

悠々自適だとしても「希望なし 目標なくて 自由あり」なんてんじゃ駄目だろう。

と言うことで、私の場合は目標を持って思う存分に遊ぶことを考えたい。

Img_7640

勿論、遊ぶったって放蕩する訳じゃなく、人生を思いっ切り楽しむってことである。

作物を育てたり、飛んだり跳ねたりしゃべったり、時には涙を流したって良い。

Img_7600

とにかく、後生大事に生きてやれと思っている。

|

« 懸命に遊ぼう | トップページ | 強歩会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山草人さんの生き方は私にとってはお手本です。家族を大切にした上で自分の趣味を目標を持って楽しみ、作物を育て、地域や若い人に貢献する。
10年後、そんなおばあちゃんになれるかな〜

投稿: 弥生 | 2016年10月21日 (金) 18時53分

なんとお手本だなんて、全くもって恐縮です。でも、少し嬉しいかな。
 気弱な心と静寂な体を鍛えてくれたのは、実はマラソンで、困った時苦しい時、私は何時も走りながら考えていました。一種の動く禅だったようで、何時もそのマラソンに助けられました。
 何時まで続けられるかは別にして、可能な限りアクティブなマラソンの世界を楽しみたいと思っています。
 弥生さんなら、随分と頼りがいのあるおばあちゃん(?)になるでしょうね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月21日 (金) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64369979

この記事へのトラックバック一覧です: 後生大事:

« 懸命に遊ぼう | トップページ | 強歩会 »