« 人生の価値 | トップページ | 人生の輪郭 »

2016年10月 2日 (日)

ぐるっと浜名湖

今日は、浜名湖一周マラニックである。

34kから100kまでコースの選択肢があって、今回私が走ったのは60kである。

Img_7500

浜名湖はその湖岸を縁取るように辿ればおよそ100k、半島部を無視しておおよそ丸く辿れば60k、舘山寺から対岸まで船で渡れば34kである。

Img_7502

だから午前一時にスタートした100kの部に対し、私達は午前8時のスタートである。

Img_7506

それぞれの部に100人弱が参加し、自分の実力に応じた走りをするホーミーな大会だ。

Img_7508

走り始めて気付いたことは、先ずは漁船と釣り人の数が随分多いこと、それに幾分ガスがかかって対岸が霞み、何時もの浜名湖よりも雰囲気を感じたことかな。

Img_7510

ともあれ15k (舘山寺)付近で愛知県のO田さんとM山さんに合流し、ずっと一緒のランになった。

Img_7511

お二人は初めての参加で道に不案内と言うこともあり、何とか道案内をしたのだが、

Img_7512

その道すがら人生の四方山話などをしてしまって、走りの大変さよりも話を聞く苦しさが勝ったかも知れない。

Img_7516

まぁ〜ともあれ、黙って走るよりも何事かを話しながらの方が、1kが短く感じるのである。

Img_7517

浜名湖はこの20年来、何十回も走って勝手知ったる道だが、60kにしてもタフなコースだ。

それを楽しいものに変えてくれたのが、嗜好を凝らしたそれぞれのエイドで、全く感謝のしようもないが、これも走る仲間の環のお蔭だね。

Img_7519

一緒に走る連れがあったこともあって歩くことなく走り、7時間50分でゴールの弁天島に着いた。まぁ、快調と言うべきだろう。

Img_7524

その淡々と走ることが出来たのはO田さんのお蔭で、これも感謝しなければなるまい。

Img_7527

M山さんは30k以上のランは初めてと言うことで、やはり30kから先はキツかった様子だが、それでも9時間以内でゴールしたんだから立派である。

Img_7529

どんなレースでもゴールは感動的で、特に100kの人達の達成感は一際である。

Img_7530

ところでこの弁天島だが、朝から海岸には人波が一杯で昨年の景色とは様変わりしていた。

Img_7532

何でも、ポケモンゴーを探して人々が徘徊しているんだとかで、世の中何が起こるか分からないね。

Img_7538

彼らにとっては、あくせくとゴールしてくる私達は、まったく関心の対象ではないのである。

まぁ・・・人生は、人それぞれだってことか!!

|

« 人生の価値 | トップページ | 人生の輪郭 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま 浜名湖・・楽しいラン!wink多くの仲間たちの素晴らしい笑顔のゴール(ゴールできない仲間のいるだろうが)一所懸命に走ることができることの幸せを仲間とともに味わうことは最高ですね! またよろしくお願いします。

投稿: gaku | 2016年10月 2日 (日) 21時17分

お疲れ様でした。
さすがの軽々ランでしたね。
わたしは相変わらず、完走できず情けないですが、凄く楽しかったです。
また、次回チャンスがあれば挑戦します。

投稿: 澄子 | 2016年10月 3日 (月) 08時22分

お疲れさまでした。
さすがタイタンです!
25キロ過ぎからは気力がわかず、先週の遠山郷のダメージと言い訳してユルイランを楽しみました。おかげで、エイドエイドをたっぷり楽しめ、まさしくマラニック❣️良い一日でした。

投稿: 弥生 | 2016年10月 3日 (月) 11時10分

gakuさん、浜名湖は今年も盛会でした。本格的な大会に育てようとして始まって、実行委員会でエイド団を組織してと、三年間かなり苦労しました。勿論、私達は走ることが出来ませんでした。
 マラニックになって、随分気楽に走られるようになりましたが、やはり100kは100kですから大変です。でも、ハワイのホノルルマラソンのように、ウルトラの登竜門的な大会になれば良いと思っています。
 それにしても、ゴールのシーンは何時も感激しますね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 3日 (月) 16時09分

 オヤオヤ、澄子さんは完走出来たとばかり思っていたのですが、それにしても、残り10kが痛々しい走りでしたから、心配はしていました。
 100kを走るには、やはり事前の準備と自分なりの覚悟が必要ですね。今度機会があったら、是非一緒に走りましょう。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 3日 (月) 16時13分

 遠山郷の登り下りをしたばかりで、50k近くを楽しんで走ったんだから、立派なものです。
人生須らく無茶は駄目だけど、適度な無理はしてみるべきですね。それで勿論自分との相談だけど、何事も「なんとなく、根拠はないけど、自分にも出来そうだ」って自分を励ますようにしています。
 ゴールでの加衣ちゃんの涙が象徴的でしたね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 3日 (月) 16時37分

昨日60キロをご一緒させていただいた○田です。初マラニックは、山草人さんのお話が楽しくて、あっという間の7時間45分でした。ご一緒してくださりありがとうございました。
浜名湖の道はまだ覚えきれませんでしたが、ペンネームを覚えていて、このブログにたどり着きました。
心に決めたことを、毎日コツコツやり続けられる人になりたいと思います。

投稿: ○田 | 2016年10月 3日 (月) 21時46分

それはそれは、さぞかし頭が痛くなっていたのではと心配してたので、コメントを戴いてホッとしています。それにペンネームを記憶していて下さったのにも感謝です。伴走のお手伝いもしていただいて、Mさんも感謝していました。
 O田さんは、マラニックが初めてとの事。正に楽しみながら走ることの出来るコースが沢山ありますから、又、是非ともご一緒しましょう。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 4日 (火) 13時33分

朝イチバンの 泣きの電話を受けて下さり、
ずいぶんと心強い気持ちで伴走ができました。
○田さんにも感謝です。
いざというときに、頼りにできる人がいること、ありがたかったです❗
快走でしたね!お疲れさまでしたー

投稿: あだち。 | 2016年10月 4日 (火) 22時28分

先日はお世話になりました。去年に続いて100㌔に参加させて頂きました。
14時間半で何とか完走できました。

超メジャーなウルトラマラソンと違い、自分で地図を見て走る、無駄なメダル・完走証・分厚いパンフ、RCチップ等なし、けど手厚いエードに泡もありと、萩田さんの大会は抜群です。
ただ、ゼッケンに張り付けられている氏名が小さいのが残念。ランナー同志名前で呼び合いしたいですね。
いえ、不満言ってても仕方ない自分で名札付けて行けばいいのですね。

投稿: 大場 | 2016年10月 5日 (水) 09時45分

あだちさん、お疲れ様でした。数年前までのエイド隊長のあの慌ただしさが、如何とも懐かしいですね。エイドはともあれ、やはり走ってこその大会だよね。
 あだちさんのリハビリを、何時も祈るような気持ちで見つめているのですが、朝一番に電話を頂いて、先ずはウゥ〜ンと少しショックでしたね。
 踵から着地して足の裏を長く使う・・・あのイメージで、私も随分長距離のダメージが少なくなりました。勿論、今回もそれで走りましたよ。
 それにしても、私にとっての足立さんは、あの野辺山で後ろから軽快に走って来て、追い上げられたあの足立さんだな。早く、あの足が戻ってきてほしい。まだまだ、若いんだし!!
                山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 5日 (水) 16時29分

 大場さん、遥々大阪から駆けつけて下さってありがとうございます。
 本当は、この大会を「超」メジャーな大会に育てようってことで、仲間が集まって始まったんですがね。周辺自治体などの協力が得られなくって、依然としてアットホームな大会です。
 でもまぁ、100kの{マラニック}なんてのは、全国に無いんじゃないかな? それならもっと家族的にして、ネームを今の倍ほどにして、ランナーのより濃密な交流ができると良いですよね。考えてもらいましよう。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年10月 5日 (水) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64289672

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるっと浜名湖:

« 人生の価値 | トップページ | 人生の輪郭 »