« 自分を操る | トップページ | 歓喜の歌を共に »

2016年12月24日 (土)

絶景の富士を訪ねて

この時期、適度な雪化粧の富士山殊のほか美しく、何時も薩埵峠からの眺めを楽しみにしている。

Dscn0350

今日は駿河健康ランドをスタートゴールに、その薩汰峠から浜石岳(707m)への往復を走る浜石岳トレランの一日である。

Dscn0366

遠くは那須塩原や横浜・豊橋から何時ものメンバーが集まった。

Dscn0382

女性が多いと言うこともあって、早朝から大変にぎやかで、楽しい忘年ランになりそうである。

Dscn0383

忘年・・・との名目で、今月に入ってからもう隋分数多くの会になるが、こういうことは何回でも良い。

Dscn0385

ともあれ9時前、ホテル前を元気にスタートして直ぐに薩埵峠の登りに入る。

Dscn0387

期せずしてと言うか、思った通り駿河湾のその奥に雄大な富士山が浮かび上がってきた。

薩埵峠で想起するのは、山岡鉄舟である。

Dscn0395

幕末、官軍が駿河まで迫っていて、勝海舟の命を帯びて駿河に向かったのが鉄舟だった。

Dscn0396

その鉄舟を官軍はこの峠で、鉄砲を打ちかけて追い払ったのである。

逃げ帰った鉄舟は眺望亭に隠れ、翌朝船で駿府に向かい、清水次郎長一家に守られて

Dscn0399

駿府城の隆盛に面談、江戸城の無血開城を取り決めたのである。

Dscn0400

さても、この薩埵峠から臨む富士山は、江戸の昔から(広重)の有無を言わせぬ絶景であって、私の最も好きな景色だ。

Dscn0404

その峠から山にはいり込んで、山の中をひたすら浜石岳に向けて登っていく。

竹藪があり杉の林があり、その登りは決して容易なものではない。

Dscn0407

それでも登り続けること2時間余り、待望の浜石富士である。

坂を登っていくと、忽然と富士山の雪をかぶった頭が浮かび上がってくる。

Dscn0408

これがまた、絶景なんだなぁ〜。

Dscn0410

よしも、今年も浜石に登った価値があったのである。

みんなで楽しく昼食を済ませ、後は急な坂を滑り降りて、健康ランドに帰る。

Dscn0411

例年のごとく風呂で疲れをいやし、そして今年最後の忘年会なんである。

|

« 自分を操る | トップページ | 歓喜の歌を共に »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ラン
素晴らしい絶景!
お風呂
仲間
ビール

良いですね〜(^。^)

投稿: ひろ | 2016年12月24日 (土) 19時00分

本日はお疲れ様でした。大変美しい富士山満喫できました、これも山草人様の日頃の行いなのでしょうね?(笑)
本年も色々お世話になりました。来年も宜しくお願いいたします。

投稿: 掛川ノブ | 2016年12月24日 (土) 21時17分

お世話になりました!
雲一つない快晴のスタート
新雪を被った絶景の富士山
あかるくげんきなラン友
とてもめぐまれた忘年会ランになりました。
1年の締めくくりにふさわしい1日でした。
ありがとうございました。
来年も共にたのしく走りましょう(◎´∀`)ノ

投稿: 那須のアッキー | 2016年12月25日 (日) 01時59分

ひろさん、羨ましいでしょう。人生を楽しむのなら、仲間のところに向かうべきだ。
 この世の中には色々なことがあるけれど、やっぱり一度だけの人生なんだから、これを楽しまなくっちゃ詰まらない。
 それには、みんなと一緒に楽しめばよい。楽しいこと、悲しいことだつて分かち合えるんだから。楽しもう、人生を!!
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年12月25日 (日) 20時18分

 ノブさん、お疲れ様でした。今年は、あたこちでご一緒していただきました。ヒョウヒョウと走る姿が、目に焼き付いています。
 クールに、そして信念を持つて、自分の人生を生きるライフスタイルに魅了されています。来年もよろしく、お願いします。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年12月25日 (日) 20時21分

 アッキーさん、遠いところを遥々とご苦労様でした。でも、良かったでしょう富士さん。それに、那須と違って静岡は温かなんだから。
 今年は、これで走り治めですが、来年は下野街道も含めて、あちこち大いに楽しみましょう。よろしくお願いします。
               山草人

投稿: 山草人 | 2016年12月25日 (日) 20時31分

土曜日はお世話になりまして
ありがとうございましたhappy01
久しぶりにお会い出来て嬉しかったです♪
最高のお天気に恵まれて楽しいランとなりましたdash
途中ご一緒させて頂いた時の深いお言葉を頂き
大変勉強になりましたclover
来年も様々なレースに参加との事、
お身体に気をつけて一つ一つのレースを
楽しみ、時には苦しんで走って下さいネwink
私もさくら道国際ネイチャーランに向けて
日々積み上げて行きますup

投稿: とも | 2016年12月27日 (火) 12時49分

 ともちゃん、私も久しぶりに元気な姿を見て、とっても元気をもらったような気分になりました。笑顔に会えるってのは、楽しいことですよね。
 はて、どんなことをしゃべったのか、覚えていませんが、何時も僭越なことを口走って申し訳ありません。向かい合っているその人が、何らかの発想を呼び出すんでしょうね。
 ともあれ、今年も直ぐに終わっちゃいます。来年だって、くず具図してたらアッと言う間ですからね、お互いに悔いの無い日々を過ごしましょう。さくら道、過酷だけど、自分を試す挑戦だよね。来年も、元気で頑張ろう。             山草人

投稿: 山草人 | 2016年12月27日 (火) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64667966

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景の富士を訪ねて:

« 自分を操る | トップページ | 歓喜の歌を共に »