« 文章は人 | トップページ | ある成熟 »

2017年1月22日 (日)

でこぼこマラソン

浜松市北部、秋葉ダムを起点にした凸凹マラソンに参加してきた。

佐久間在住のシンシンさん呼び掛けのランで、切り立った天竜川の両岸37kを走る。

Dscn0634

天竜川は諏訪湖から流れ下る大河だから、両岸は大きなV字型の崖になっている。

Dscn0638

その崖からは幾つもの滝が流れ出し、中に葉不動の滝の様な見事な滝もある。

Dscn0641

ともあれ朝9時、秋葉ダム近くの「やすらぎの湯」に集まったのは勝手知ったる9名だった。

Dscn0642

幾分標高が上がって二℃位と冷たい風が吹く中を、その不動の滝を目指して登っていく。

Dscn0645

程なく背中には汗をかき、やがて眼下に天竜の流れを見下ろしながらの登坂が続く。

Dscn0648

一人ではとてもこんな試みは無理だろうが、仲間と共にとなると何処までも挑戦は続く。

Dscn0655

不動の滝に着いて暫しの休息の後、更に登って「ぶく凧揚げ場」にまで行って中食である。

Dscn0658

ぶか凧はこの地独特の凧の様で、この山頂付近で年に一度の大会が開かれるらしい。

Dscn0659

昼飯を済ませると一気に斜面を駆け下って、今度は対岸の急傾斜面に取りつく。

Dscn0660

今回若いSさんが初参加で加わっていたのだけれど、この下りですっかり足を痛めたらしい。

Dscn0661

対岸での25kはかなりハードで、痛々しく足を引きずりながらのランになっていた。

Dscn0662

そう、走るという行為は、短距離はともかく一定以上の距離になると年齢は関係無くなる。

Dscn0664

気力(根気)と言うか、状況に応じた耐久力はやはり経験がものを言うようである。

Dscn0665

時折粉雪が舞うような冷たい風が吹いたが、走行時間5時間50分、スタート地点の風呂に到着した。

疲労もあまりなく、先週の宮古島100kのリハビリが幾分出來たかな。

Dscn0667

風呂上がりはみんなと談笑で、何はともあれこの時間がホッとできる楽しい瞬間である。

Dscn0670

みんなで汗をかいて、そしてみんなで共に寛ぐなんて、そんなに簡単にゃ出来ないんだから。

Dscn0671

あぁ、シンシンさんのお蔭で、今日も楽しい一日を過ごすことが出来たこと、感謝感謝。

|

« 文章は人 | トップページ | ある成熟 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日は、ありがとうございました。
ぶか凧の件ですが、鈴木さんの前の広場にテントを建てて、その近辺で上げるみたいですよ。
http://ameblo.jp/starless43/entry-12036822845.html
電線があって危険ですネ。

投稿: しんしん | 2017年1月22日 (日) 21時19分

でこぼこ・・・なかなか走りでのあるコースですね。そしてまた、そこでの人々の営みも感慨深いものがありました。
 ぶか凧、一度その雄姿を見てみたいものです。ともあれ、お世話になりました。ありがとう。
                山草人

投稿: 山草人 | 2017年1月23日 (月) 08時05分

楽しそうですね~!今度お誘いください!

投稿: そよ子 | 2017年1月23日 (月) 21時38分

そよ子さん、是非おいでくださいな。少しハードだけど、なんのその、結構楽しめますよ。自然のまんまだもんね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年1月27日 (金) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64795962

この記事へのトラックバック一覧です: でこぼこマラソン:

« 文章は人 | トップページ | ある成熟 »