« 夢みる爺さん | トップページ | 良いとこ探し »

2017年1月 5日 (木)

人生の収穫期

午前中は山を走り、午後はブドウの選定作業で汗をかいた。

今日は樹齢20年余のピオーネを伐採したのだが、流石に大木になっている。

Dscn0432

枝が混み過ぎているので、この一本を間引きしたのだが、これに半日近く要してしまった。

否、伐採には(まだ、ちゃんと稔るんだしって)躊躇もあって、未練があったからかも知れない。

Dscn0435

私がブドウの栽培を始めたのは、かれこれ25年程前で、勤務に影響なく栽培できる作物を探した結果だった。

だが出勤前の数時間や休日の管理作業では間に合わず、葡萄に追われることも多かった。

Dscn0436

以来、失敗も含め随分と試行錯誤し、今では自分なりの栽培方法を確立したと思っている。

そして、毎年幾分かの更新をしていけば、間違いなく嬉しい稔りをもたらしてくれるのである。

Dscn0449

ともあれ選定作業は、来週一杯には終わらせたいと頑張っているのだ。

ところで、人間にも成長期と安定した収穫期と言うものがある。

Dscn0450

普通は、幼年期を経て、盛年期に稼ぎ、老年期へと移行することになっている。

だがそれはあくまで経済的なことであって、人間としての収穫期は還暦以降なんじゃないかと思っている。

Dscn0451

因みにあの貝原益軒が「六十までに種を播く。六十過ぎてからが収穫期である。」と言っている。

そして益軒はその言葉通り、60からの26年間に52もの著作を生み出したと言われている。

Dscn0452

以前このブログで「随分生き易くなった」と書いたが、益軒の言葉通りなら、私の収穫期はまだ始まったばかりと言うことになる。

Dscn0454

あれもこれも、未だやってないことが多いし、それなりにこれからの夢や計画だって数多い。

Dscn0455

「もう年だから・・・」なんて、言っている暇はまったく無いのである。

現実に、若さと健康と言うものは、未来への夢や心意気が創り出すのであって、

Dscn0456

これまでたっぷりと播いてきた種が、やっと豊かな実りを見せ始めている。

そう思うと、人生は実に楽しいものである。

|

« 夢みる爺さん | トップページ | 良いとこ探し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64724165

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の収穫期:

« 夢みる爺さん | トップページ | 良いとこ探し »