« 時代の気持 | トップページ | でこぼこマラソン »

2017年1月21日 (土)

文章は人

文章は、その人を如実に表すものだと思っている。

いやいや文章なんて、切ったり張ったりすればどうにでもなると言う人もいる。

Dscn0630

理屈の上ではその通りだが、その人の実体とは無関係に文章だけが羽ばたくことは無い。

実際に容姿や声よりも、文章を読めばその人の大抵(品格)が分かってしまうからだ。

Dscn0569

そして私は良い文章に触れると、その人は良い人だろうと思ってしまう。

メール全盛のこの時代、手紙を書かなくなって久しいから、日本人の文章力はかなり劣化しているんじゃなかろうか。

Dscn0573

それに仕事で企画書を書くにしても、それも定型化されているから自由な文章を書く機会は少なくなっている。

だからテーマを与えられて纏まった文章を書けと言われると、さぁ~て?となってしまう。

Dscn0575

私が(自分の意志で)文章を書くようになったのは、40歳を過ぎた頃からである。

職場の仲間で同人誌を発行することになって、寄稿を始めたのがきっかけである。

Dscn0577

この同人誌「農の風景」は、昨年末に幕を閉じるまで25年に亘って隔月発行され続けた。

ともあれ自分の書く文章を不特定の目に晒すんだから、これはかなりの訓練になった。

Dscn0578_2

しかも文責は偏に書いた本人のものであって、その考え方や教養までもが透けて見えてしまう。

文章の書けない人は、実は自分の内面が露見するのが怖いからだと思う。

Dscn0581

私も最初はオズオズと書き始めた訳だが、しかし次第に大胆になって本音で書けるようになった。

このブログも3.900日超書き続けてきたが、文章を書くと言うことは自分の考えの整理でもあって、

Dscn0582

今日は「このこと」について考えてみようなどと、自分が人生の階段を一歩登る様な気持で書いてきた。

それでも相変わらず稚拙な文章しか書けないが、しかしながらこれが私なのである。

Dscn0583

それにしても、良い文章を書く人は、それは絶対いい人だと信じている。

|

« 時代の気持 | トップページ | でこぼこマラソン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64786598

この記事へのトラックバック一覧です: 文章は人:

« 時代の気持 | トップページ | でこぼこマラソン »