« でこぼこマラソン | トップページ | 正論は何処に »

2017年1月23日 (月)

ある成熟

昔の日本人は慎み深かったんだろうが、近年では自分の喜怒哀楽を如実に表すようになっている。

時に本音を偽らずというか、自分を制御することなく顔色を変えて難詰する場面に遇ったりする。

Dscn0652

どうやら、誰もが気儘に言いたいことを言う・・・そういう世の中らしい。

私もかつては、痩せ我慢などせずに、幾分率直に物を言うような生き方をしてきた。

Dscn0653

ひょっとするとそれが自己実現と言うか、自分の存在価値だと思っていたかも知れない。

だけど大勢の中にいれば、いつも自分を隠してばかりいる訳にゃ行かないし、かと言って露骨にさらけ出せばもっと苦しくなる。

Dscn0654

顔を突き合わせて暮らしている家族だって、言いたい事を言い合ってたらどうなるだろう。

そう言えば、夏目漱石の「草枕」に「智に立てば角が立ち、情に棹差せば流される。とかくこの世は住みにくい」とあったなぁ。

Dscn0656

だから先達は、自分を隠しすぎず飾りすぎず、自然に振舞うように見せて、実は本音じゃないって生き方をしたんだろうな。

私も自己表現こそがその人の気質なんだと思っていたが、馬齢を重ねたお陰で最近では随分と丸くなった。

Dscn0657

とても先達の域には達しないが、胸襟をひらくなんて無駄だと諦めて、ウンウンって過ごすことが多くなった。

所詮人間は一人なんであって、仮に女房であっても、そいつを分からせようと思うのが間違っている。

Dscn0663

人と人にはそれぞれ間合いがあって、無理やり立ち入るものでもないって分かってきたんだ。

一種の人生に対する醒めた見方かも知れないが、多分これが「成熟」ではないかと思い始めている。

Dscn0666

細君にすれば文句を言われなくって楽だろうし、諦めちゃった私だって随分楽になった。

細君は細君の人生を生きれば良いし、私は私のやり方で生きるのであって、無理にあわせる必要なんて無い。

Dscn0668

夫婦は一心同体なんて思っていたから、衝突したのだと思う。

時代の風潮とは異なるが、「自分を制御して顔色を変えない」生き方って大切だよね。

Dscn0669

人間ってヤツは、寡黙になるべくひっそり生きた方が美しい。

|

« でこぼこマラソン | トップページ | 正論は何処に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64798669

この記事へのトラックバック一覧です: ある成熟:

« でこぼこマラソン | トップページ | 正論は何処に »