« RCの走り始め | トップページ | 人生の収穫期 »

2017年1月 4日 (水)

夢みる爺さん

子供の頃(中学一年の頃だったか?)読んだ冒険小説に、「海底二万マイル」があった。

当時はSF小説に夢中で、学校の図書室の本を片っ端からワクワクしながら読んだのだが、

Dscn0437

その中の一冊がそれで、海の底には何があるのかと探検を実現させる物語に感動し、大きな余韻を感じていた。

その本(ジュール・ヴェルヌ)の中に、「人が想像できることは、必ず人が実現できる」とあった。

Dscn0438

今にして思えば余りに楽天的で、国と国の利害相克や民族・宗教の対立などを考えれば、そんなに簡単なことではないのだが、

その頃は何も知らない夢みる子供だったから、素直に「そうなんだ、出来るんだ」と信じた。

Dscn0439

その後間も無く、この国は猛烈な経済成長を始めて、TVや電化製品、車に新幹線、

高速道路、人工衛星etcと、その私達の夢を次々と現実のものにしてきたのである。

Dscn0441

そうして平成2年のバブル崩壊後の停滞を経て、高齢者が多くを占める今日に至っている。

年金や赤字財政、人口減少などと問題は絶えないが、それでも高度な医療や生活水準、

Dscn0442

庶民の海外旅行や美食など、一昔前と比較すれば或は私達は夢の様な世界に生きている。

だから、70歳になろうという爺さんが、この期に及んで何を夢みるのかって思うでしょうね。

Dscn0444

確かにその通りで、今更ご馳走や金・名誉が欲しいなんて思っている訳じゃない。

望むらくは、75歳で100kウルトラマラソンを完走出来る健康が欲しいと思っている。

Dscn0445

これからの五年がどの様なものか(何が起こるか)分からないが、多分コツコツとやって行けば可能ではないかと思うんだ。

Dscn0447

その序ノ口が今年で、取り敢えずは7〜8大会のウルトラレースに挑戦するつもりだ。

さてもこの15日には、宮古島100kウルトラを控えている。

Dscn0453

準備万端と言いたいところだが、ともかくも幸先の良いスタートを切りたいと思っている。

|

« RCの走り始め | トップページ | 人生の収穫期 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64719808

この記事へのトラックバック一覧です: 夢みる爺さん:

« RCの走り始め | トップページ | 人生の収穫期 »