« ある成熟 | トップページ | 家族ってもの »

2017年1月24日 (火)

正論は何処に

今時の世の中の風潮に、ちょっと変だなって思いながら眺めている。

私達の生きているこの社会は、必ずしもスパッと割り切れる事ばっかりじゃないと思う。

Dscn0651

例えば「泥棒はいけない」ってのは誰だって反論なんて出来ないが、だけど例外は無い?

泥棒は駄目って決まってるから駄目なんだけど、ロシアがクリミアを盗んだのはどうなの?

Dscn0650

日本固有領土の竹島や国後・色丹などをドサクサに紛れて盗まれて、未だにそのままだ。

「戦争は悪だ」・・・私もそう思うが、現実に世界中でそれに近いことが起こっている。

Dscn0649

みんな戦争なんて馬鹿々々しいと思っているはずなのに、それでも殺し合っている。

それは現実的に、分かっていてもやらざるを得ない戦争があるってことだよね。

Dscn0646

レ・ミゼラブルは、やむに已まれずパン一個を盗んだ男の生涯の話だ。

規則はそれは大切だけど、その規則は時の人々が風潮の中で次々と作っているものだ。

Dscn0644

「天下り禁止」も前政権がキャンペーンと共に創設した規則だ。

確かに天下りが官民癒着となって、安易な行政が行われる事はまずかろう。

Dscn0643

しかしながら、60歳を前にして退職する有為な人材を大学が求めて何が悪かろうか。

いやさ大学に限らず、そこそこの人件費で官庁で培った能力を活かして使いたいというオファーは多いのではないか。

Dscn0640

禁止すべきは利益誘導であって、天下りそのものが違法だなんて決める方がおかしい。

某党の党首の(文科省の天下り問題を鬼の首の様に追及する)代表質問を聞きながら、

この人は薄っぺらな人なんだなぁ〜との思いがした。

Dscn0639

正に、角を矯めて牛を殺す類の話である。

先日「なめんなよ生活保護」のジャージで追及された市があったが、確かにやりすぎだろう。

だけど福祉の現場の現実は、その「なめんなよ」なんだと思う。

Dscn0636

この時代、さも正論が一人歩きをして、世の中がどんどん間違った方向に行くようだ。

ファシズムと紙一重のトランプ現象なんてのも、そうした土壌から生まれてくるんだ。

|

« ある成熟 | トップページ | 家族ってもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64804359

この記事へのトラックバック一覧です: 正論は何処に:

« ある成熟 | トップページ | 家族ってもの »