« 忘己利他 | トップページ | 一枝の春 »

2017年2月 2日 (木)

本当の贅沢

私は宝くじは買わないが、もし○億円当たったらどんな贅沢をするだろうかと考えてみる。

だけど瞬時に「何が贅沢なの?」って、そんな夢想は消えてしまう。

Dscn0733

子供の頃を考えれば、衣食住は勿論、車や旅行にしても、私達は贅沢の極みを生きている。

今更成長する訳でもないから胃の府には粗食が優しいし、第一これ以上欲しい物がない。

衣食足りて既に久しく、一体何を贅沢すれば気が済むのかってことになる。

Dscn0734

それで私にとってのこれからの贅沢は二つあって、それは心温まる交友関係と、何時までも続けられる習慣だと思っている。

習慣ってのは、70歳から先の規則正しい生活のリズムを模索すること。

現在までに身に付けてきた暮らしの習慣を維持しつつ、新たにどんなソースを加えられるかってことだ。

Dscn0735

朝起きてから寝るまでのルーチンをイメージしつつ、スクラップ&ビルドをしてみている。

作物を育てることやランニングは限りなく続けるとして、この他に私に出来るものを創ること。

それは、無理のない趣味の様なものかも知れないが、

Dscn0736

そのイメージの中には、どうしても人との温かな交流が欠かせない。

こればっかりは一朝にして出来るものではなく、「今」がそれを作り得るラストチャンスなんだろうと思っている。

Dscn0737

人生8~90年時代は厄介なもので、残り10~20年も生きなきゃならないかも知れない。

過ぎてしまえばアッと言う間だろうが、この間を何もせずに過ごすことは、さて・・難しい。

Dscn0738

細やかながら人の為になることをやり、尚且つ自分の「今」を充実させることが大切だ。

そういう意味で私も第三の曲がり角を迎えているようで、これからの贅沢を考えている。

Dscn0740

そうして、歳を重ねて出来た自分の顔を、今より好きになることが出来れば、それが最高の贅沢だろうと。

|

« 忘己利他 | トップページ | 一枝の春 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64842237

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の贅沢:

« 忘己利他 | トップページ | 一枝の春 »