« 時の流れと邂逅と | トップページ | 無用の用 »

2017年2月12日 (日)

清水は晴れにて

今日は、清水いいとこマラニックで、例年通りの変化に富んだ38kを走る。

スタート(9;00)地点の清水駅に着くと、もう既に皆さんはスタート直前だった。

Dscn0879

慌てて股旅の衣装に着換えて、皆さんの後を追うのだが今年のペースは速い。

Dscn0882

先ずは次郎長生家が修理中で次郎長船宿に立ち寄って、清水の気分に暫し浸る。

Dscn0891

そこからは清水の町を離れて、標高307mの日本平山頂を目指して登っていく。

Dscn0897_2

「日本平」という名称は日本武尊(ヤマトタケル)に由来し、草薙の地名とも繋がっている。

Dscn0901

この有東山からの富士山の眺望は、最大のご馳走で、今日は雲一つなく裾野を広げている。

Dscn0902

その富士の絶景を横目にひたすら上り詰めて、山頂からはロープウエイで久能山へ。

Dscn0909

東京からのHさんにお供して、久しぶりに東照宮に参拝して行くことにした。

Dscn0910

ここでは梅は既に終わり、川津桜が満開で社殿の華やかさに一層の風情を添えていた。

Dscn0914

久能海岸に降りてイチゴをと思ったのだが(余りに高価で)、代わりにイチゴジュースを一杯。

Dscn0925

ここから三保までの海岸線7kを、駿河湾のコバルトブルーと共にひた走って行く。

Dscn0930

三保では例によって、茶店に立ち寄っておでんの昼食を済ませ、改めて富士を眺める。

Dscn0931

まぁ〜、今回のハイライトはここまでで、

Dscn0934

その後の17kは湾の内側をぐるっと回って草薙のゴールを目指すのである。

Dscn0941

35kとは言うが、あちこちに立ち寄ったり景色を眺めたり、それに何やらと会話していると

Dscn0943

何時の間にやら距離は進んでいて、まさしくこれがマラニックなんだろうな。

Dscn0947

いずれにしても清水は、日本一景色の良い所かもしれない。

その景色をたっぷりと堪能した一日だったが、15;20草薙ぎの湯にゴールし懇親会である。

Dscn0948

毎日遊び呆けて・・・これで良いのだろうかと、少しばかり心配になってきた。

|

« 時の流れと邂逅と | トップページ | 無用の用 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今年の富士山は最高だった。

もう・・・
これだけでみんな満足だったことと思います。
股旅姿で走るといいですね。

ありがとうございました。

投稿: ヒロボー | 2017年2月13日 (月) 09時59分

お疲れ様でした。

初めての参加の日。いいお天気にも恵まれて綺麗な富士山も見れ、美味しいものも色々食べながら楽しめたマラニックでした。
そして、何といっても次郎長さんと茶娘と写真を撮れたことが一番うれしかったです。

投稿: さくら | 2017年2月13日 (月) 12時16分

そうですね、ヒロボーさん。この八年間で最高の天気じゃなかったかと思います。雪の日も雨の日もあったし、晴れていても富士山は中々すっきりと姿を見せてはくれません。
 股旅姿は、今回も大好評でした。良かった!              山草人

投稿: 山草人 | 2017年2月13日 (月) 17時22分

 さくらさん、とうとう日本平の良い所を完歩しちゃいましたね。天気にも恵まれて、良かった良かった。
 ところで股旅姿と富士山は良く似合う。広沢寅蔵の浪曲のイメージでしょうかね。それに清水次郎長が地域の顔なんだから。かつてのヤクザが何故って思う人もいるけど、晩年の次郎長は山岡鉄舟の影響もあって、福祉事業や地域開発(次郎長開墾)に力を尽くしたからね。
幕末の軍艦沈没の際も、次郎長一家が水死した幕臣を収容して丁重に葬ったしね。
 だからこそ、やくざの生家が公費で修復されるんだな。
 ともあれ、さくらさんも今回のランで又一歩前進だよね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2017年2月13日 (月) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64884991

この記事へのトラックバック一覧です: 清水は晴れにて:

« 時の流れと邂逅と | トップページ | 無用の用 »