« 壮にして学べは | トップページ | 横浜を走る »

2017年3月11日 (土)

あの時から6年

もう6年なのか!!・・・しみじみとそう思う他ない歳月である。

あの日の15:46には、静岡市のビル6階の執務室にいて、突然変なブザーが鳴り始めた。

Dscn1043

一体何事かと誰もが戸惑っていると、直ぐに大きな揺れがやってきた。

それも、ゆさりゆさりと大きく振られる感じで、初めて体験する揺れだった。

Dscn1066

それから始まった地獄絵の世界と、その後の原発制御不能は正に歴史的なものになった。

株は暴落し、世の中は一斉に火が消えた様になって、景気も一気に暗転した。

Dscn1067

今度起こるのは東海地震と決めてかかっていた私達にとっても、とんだ伏兵だった。

あれから被災地支援活動や現地訪問、防災講演会開催、地元の防潮堤建設募金、

地域防災組織の再編などに、かれこれ4年間は真正面から取り組んだ。

Dscn1068

二年前にその自治会連合会の役員も退任し、それらも既に自分の中の歴史になりつつある。

そして被災地の皆さんと同じように、私にとっての6年の歳月が過ぎ去ったのである。

Dscn1070

もう6年かぁ〜と諦観とも言える感慨に浸りつつ、これからの6年を考えたりしている。

これが中学・高校の6年なら、とてつもなく長く感じるのだろうが、この期に及んでは流れるように過ぎ去る月日である。

Dscn1075

けだしこの6年の間に私の心境は何も変わらず、馬齢だけが徒に積み重なった感がある。

恐らく6年後にも同じ様な諦観に満たされるだろうし、人生とはそんなものなのかも知れない。

Dscn1076

さりはさりながら、俺はここに生きてるぞッて、何事かに挑みたい野心は残っている。

それが何なのか、とにかく試行錯誤していく他ないのだろう。

Dscn1077

|

« 壮にして学べは | トップページ | 横浜を走る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65001581

この記事へのトラックバック一覧です: あの時から6年:

« 壮にして学べは | トップページ | 横浜を走る »