« こざっぱり | トップページ | いやぁ~面白かった »

2017年3月 3日 (金)

80歳計画

自分の寿命を仮に80歳までとし、残りの10年間に何をしてどう過ごすかの計画である。

一種の終活とも言えるが、実は先日から考え始めたばかりで、これが中々難しい。

Dscn1051

動機は古稀を迎えるにあたっての心構えだが、年と共に活動範囲がドンドン狭まって

やがてジリ貧でこの世を去るイメージがどうにも気に入らず、ならば如何と言うことだ。

Dscn1052

勿論年とともに体力は落ちるだろうし、本を読もうにも目がかすみ、

体のあちこちも痛むだろうし、人からも年寄り扱いを受けることになる。

Dscn1055

しかしこれを受け入れていたんでは、閻魔大王の思う壺にはまる事になる。

ここは一番、自分なりの快老計画が必要だと思い立ったのである。

Dscn1073

そしてそのキーワードは、未知への探究心、気楽な冒険心、それに旺盛な行動心だろうか。

Dscn1059

先ず考えたのは体力を落とさないことで、月間走行距離300k以上を維持し、75歳までは100kウルトラマラソンに挑戦することだ。

Dscn1062

以降80歳までは徐々に距離を減らして行って、フルマラソンを年間6大会程度にする。

その基礎体力を元に、現在の農業規模を(機械力の導入を視野に)幾分拡大していく。

Dscn1069

勿論その中心は葡萄で、新しい品種への切り替えを含め、これで大いに遊ぶことにする。

それから極力旅に出て見分を広げ、その旅には海外のマラソンツアーを加えたい。

Dscn1063

もっとも海外のマラソンを始めると、次から次へ行くことになりそうだなぁ~。

それから、それから・・・・と尽きないが、

この10年間は、要するにそれなりの最後の気概を持つことが肝心だろう。

Dscn1064

たった10年しか無い訳だから、型通りの年を重ねたんじゃ面白くなかろう。

やりたいことは遠慮なくやって、かなり生意気に生きても良いんじゃないかって思案だ。

Dscn1071

そして10年後、縁者に集まってもらって最上級のワインでも開けて乾杯し、

「この世をば どりゃお暇(イトマ)に 線香の煙と共に ハイさようなら」(十返舎一九)となれば結構だろう。

Dscn1065

つまり、面白いことを追い掛け回す10年になれば、それは大成功であると思う。

|

« こざっぱり | トップページ | いやぁ~面白かった »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう20年頑張れますよ。
私の祖父は、90歳まで弓道をしてました。
弓道が生きる力の様でした。
他には、カラオケをしててとても社交的な優しい祖父でした。
弓が的に当たらず、弾けなくなった時、もう頃以上生き無くてよいと食事の食べるのを止めました。
2週間後に旅立ちました。
私もそんな生き方、死に方をしたいと思っています。

投稿: ひろ | 2017年3月 4日 (土) 22時10分

 ひろさんの一日と、私の一日とでは重みが違うのだと思います。80歳までの命と思い定めれば、それなりにその一日を大切にせざるを得ないのです。
 そんな気持ちで、今コツコツと残された人生のプランを構築中なんです。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年3月 5日 (日) 18時11分

兄貴、生き方や人生のノウハウを学校で教えてくれたらいいですね。
兄貴なら教えられそうですよ!
子供も産んで育てたことのない若い学校の先生に生きる事や人生を教えらるでしょうか?
立派な親への成り方を教えられるでしょうか?
日本人の在るべき姿や歴史教育の時間を削り、国際人に成らない学生に日本人教育を減らしイングリッシュ教育を増やしてどうするのかな?って思います。
道徳を教えるように、自殺の否定や老後教育、夢の実現の仕方などなど、兄貴にやって貰いたい、学生の為ってあるな〜♪

投稿: ひろ | 2017年3月 5日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/64964438

この記事へのトラックバック一覧です: 80歳計画:

« こざっぱり | トップページ | いやぁ~面白かった »