« 好いた事して | トップページ | 得手に帆を上げて »

2017年3月17日 (金)

人生の筋書き

人生に、果たして筋書きなんてあるんだろうか?

出生やその時代、或は出会いの幸不幸などを上げて、運命や宿命に重きをおく人がいる。

Img_8224

生まれた瞬間に、人生の筋書きの大半は決まっているというのである。

確かに身分制の時代、農奴に生まれれば農奴で生きたし、戦乱の世なら若くして命を落としたかも知れない。

Img_8225

しかし平成の今日、若者達がその気になれば、その可能性は無限に広がっている。

それに今の人達は、私達の時代と比べて、格段に個性が多様になっている。

Img_8226

スポーツに秀でてプロを目指す、特定の科目が飛び抜けて得意、挨拶や笑顔が美しい、

心地の良い性格などと、逐一挙げればきりのないほどだろう。

Img_8227

そのたった一つの取り柄であっても、磨きに磨いて極めていけば、人間の幅も自ずと広がって行く。

だから若い時は、自分の個性を育て、その上に自分の将来の筋書きを考えりゃいい。

Img_8228

当然ながら道は一杯あって一本の筋書きなどは有り得ないだろうが、それで良いんだ。

だけど、自分の人生は自分で切り拓く(筋書きを書く)気概が肝心だと思う。

Img_8229

実は今日は、中学校の卒業式があって、はなむけに「自分の得意を磨こう」と呼び掛けた。

これからはAI(人工知能)が幅を利かす時代だろうが、だからこそ私達の個性が生きる時代になるのではないか。

Img_8230

自分の得手を創ってそれを磨きあげていくことが、人生の筋書きと大きく関わってくる筈だからだ。

そして中学を卒業してからの3年間は、大人になるための最後の猶予期間だ。

Dscn1128

何にも、臆することは無い。

何処までも続く果てしない人生の道筋だけど、自分の確かな道筋に向かって歩き出す時だ。

Dscn1129

若さには無限の可能性があのだし、その若い力と未来を信じて飛び立てと念じながら。

|

« 好いた事して | トップページ | 得手に帆を上げて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65026320

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の筋書き:

« 好いた事して | トップページ | 得手に帆を上げて »