« 他人の目 | トップページ | 人生の筋書き »

2017年3月16日 (木)

好いた事して

あの佐賀藩の謹厳な「葉隠」を著した山本常朝が、「好いた事して、暮らすべきなり」との言葉を残している。

「武士道は、死ぬ事と見つけたり」と徹頭徹尾厳しい生活を強いた考え方と、これがどう結びつくのかは分からない。

Img_8115

だがそうした社会的規範とは別に、人は本来好きな事をやって暮らすべきだと言っている。

果たして私達は好きな事をやって暮らしてきただろうか? ・・・・それは中々に簡単じゃない。

Img_8117_2

多くの人は、生きる為に自分にムチ打って、好きでもない事に精力を費やしてきたのではないか。

勿論常朝は、堕落や安易に浸かって生きろと言っている訳ではなく、好いた事(信念)に

Img_8132

沿ってその道をひたすら歩くことを求めている。

もとより人間は習慣の動物であって、辛い仕事でも真正面から向き合っているうちに、

Img_8138

それがいつの間にか「好いた事」になっていくものらしい。

私の人生の「筋書き」の大半は既に終えた様なものだが、「はて、何が好きなこと」かと振り返ってみる。すると、

Img_8139

好きなことなど何一つやって来なかったような気もするし、全て好きでやってきたとも言える。

学校の勉強が好きだったか? 、毎日の仕事が果たして好きだったろうか?、体を動かすスポーツなんて大嫌いじゃなかったか!!

Img_8156

正直言ってみんな嫌いだったが、ただただ無我夢中で取り組んだだけだ。

結果として、あのがっぷり四つに取り組んだ仕事の日々は懐かしいし、

Img_8157

半分死にそうな顔をしてたとしてもマラソンを走り続けている。 

人間おぎぁと生まれて、始めて覚えた好きなことはオッパイを吸うことくらいだろうか。

Img_8159

その後は、みんな苦しくて大変なことばかりが続くんだ。

そうして今、例えばマラソンを楽しんでいるし、汗をポタポタ流しながら農作業に勤しんでいる。

Img_8161

大変な事が、何時の間にか好きな事になっちまったんだ。

|

« 他人の目 | トップページ | 人生の筋書き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65019356

この記事へのトラックバック一覧です: 好いた事して:

« 他人の目 | トップページ | 人生の筋書き »