« 横浜を走る | トップページ | 人生は走り旅 »

2017年3月13日 (月)

非日常を遊ぶ

私達の毎日は、基本的には同じことの繰り返しから出来ている。

子供の頃から規則正しくと教えられている様に、ルーチンは安心の基礎なんだと思う。

Img_8095

だけど私達は、その同じことだけでは飽きてしまうというか、耐えられなく出来ている。

それで誰にとっても非日常はハレの日で、旅行とか外食などをセットしようとするのだ。

Img_8099

私の場合は、定期的に参加しているマラニックやマラソン大会がそれに該当する。

かなりの頻度だからもう日常化しているとも言えるが、その度に会う人も違って、

Img_8100

シチュエーションの異なった舞台があって、そこで繰り広げられる時間は別世界だ。

と言っても実はマラニックの一日は、目的地を追い掛けているうちにアッと言う間に終わってしまう。

Img_8101

味わい方は色々とあるだろうに、何故か先を急ぐ気持ちが勝ってしまうのである。

昨日の「横浜いいとこ」も正にしかりで、終わってみれば「もっとゆっくり楽しみゃ良かった」との思いが残る。

Img_8108

異人館もそれぞれを訪れて、そこで供されるコーヒーやケーキだって頂いて、公園があれば

その成り立ちや歴史を掘り下げて、あの横浜の醸し出すものを全部味わうべきだった。

Img_8120

外人墓地を訪れたなら、その中の一人二人の生き様を想像するだけで世界は変わってくる。

あぁそうだなぁ、中華街を訪れたなら、最も美味しいシュウマイや揚げまんじゅうを食べるべきなんだ。

Img_8217

老い先などと言う言葉があるが、もう既にこの非日常を楽しむ十分な資格が有るんじゃないかと思う。

それで今度は気の合った数人で、そんな気儘なマラニックが出来ないかと夢想してみた。

Img_8218

同じ景色や歴史に遭遇しても、人によって思うことはそれぞれで、そのお互いの違いを楽しむ旅が出来ないだろうかと思う。

例えば、横浜のランドマークタワーの下(地下)に巨大なドッグ跡がある。

Img_8200

あの地下空間を考えただけでも、人それぞれの思いが湧き出すのではないか。

ふぅ〜んで終わるんじゃなく、「無駄だろ」やら「凄い、こんな巨大たったんだ」「人間って・・」

Img_8221

「どうやって、船を支えたんだろぅ」「あの底で音楽会ができないか」「・・・凄いなぁ」などと、

人間のやること、この人類の進歩や人生観に関わる面白さがある。

Img_8222

たかがマラニックだけど、そこで何を感じ考えるかもマラニックなんだと思う。

|

« 横浜を走る | トップページ | 人生は走り旅 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65010668

この記事へのトラックバック一覧です: 非日常を遊ぶ:

« 横浜を走る | トップページ | 人生は走り旅 »