« 熊平の山桜 | トップページ | 取っ掛かり »

2017年4月17日 (月)

心ひとつ

昨日の天竜路で、彼の地には面白い人が住むと見えて、大分変わったヤカンに遭遇した。

「阿多胡川の大なまず」伝説があって、道端に手作りの流木を使ったなまずが祭られている。

Img_0030

それ自体が洒落なんだが、その参拝用の鈴が、なんとヤカン二つがぶら下がっていた。

紐を振るとこのヤカンがカランカランと音を出し、もうそれだけで住人のユーモアに感服してしまう。

Img_0031

もう一つは畑の隅に建てられた小さな人形で、なんとこの頭がヤカンで出来ていた。

ヤカンは逆さに使われているから、頭部は勿論つるつるのハゲ頭で、注ぎ口は鼻である。

Img_0032

確かにアルミのヤカンは近頃では使われなくなったが、物も使いよう考え方一つである。

ところでこのところ、年寄り扱いされることが増えて、気力が萎えると言うか、かつての自信が少し揺らいでいる。

Img_0035

某大型家電店でアイパットを購入する際、対応する若い店員が私を「お父さん」と呼ぶのである。

「お父さん、これはね云々」と、それは訳の分からない年寄りに教え諭すかの口振なんだ。

Img_0049

始めは親しみを込めてなのかと思ったのだが、そのうち見下した表現だと気付き、こちらが動揺してしまった。

それに仲間の女性からも「ねぇ、お爺ちゃん」と話しかけられることが多くなった。

Img_0056

これも親しさの面があるにしても、覚悟のない本人にとっては、これが堪えるのである。

年齢からすれば確かにジジイに相違ないにしても、若さを自認する精神が崩れそうになる。

Img_0016

そもそも人間と言うものは、自分を(若く)理解してくれる人間に傍にいて欲しいものだ。

しかるに、周りの人間にシジイ・シジイと言われるに及んで、若さの自尊心がグラグラ揺らいでいる。

Img_0022

しかして、その崩れかけた自分を引き上げ、改めて前を向くには生半可じゃできない。

それにゃ改めて若さの実績を積み上げ、「おぬし、人間の値打ちが分かる?」と言えるようにする事だ。Img_0025

イヤイヤそんなことは言わずとも、自分の若さを自分の心でしかと認識することだ。

武道の極意も心であるように、全てが心によって決まるのである。

Img_0026

他人の目(コケにされる)など気にすることなく、その自分の心を生きりゃそれでいい。

使われなくなったヤカンだって、立派にユニークな役割を果たしているしね。

|

« 熊平の山桜 | トップページ | 取っ掛かり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

笑えます。
失礼!!
肩書きや貰った勲章でも胸に付けて行きたくなりますね。
それよりiPad購入しましたか?
私も使ってますが、便利ですよ。
キーボードも買えば、ラッフムトップパソコン以上に便利ですよ。

投稿: ひろ | 2017年4月18日 (火) 20時05分

勲章とヤカンねぇ〜。使われなくなったヤカンと勲章は、どこか似ていますね。何というか、そういう人生の機微が少しは分かるようになりました。
 別売りのキーボードを買えば良いんですね。早速チャレンジすることにします。何しろ、宝の持ち腐れですから!!
                 山草人

投稿: 山草人 | 2017年4月18日 (火) 20時21分

Bluetoothで、iPadと繋がります。
私は、電池タイプのLogicool社のを使ってます。
1年間電池持つらしいです。
充電タイプは、軽いですが、毎日充電が必要になるでしょう。
やはりキーボード有るべきです。
このキーボードで、PCもスマホもiPadも入力出来ますよ!

投稿: ひろ | 2017年4月18日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65161427

この記事へのトラックバック一覧です: 心ひとつ:

« 熊平の山桜 | トップページ | 取っ掛かり »