« 走るその訳はゴール後に | トップページ | 習慣の力 »

2017年4月24日 (月)

おとうさん

普段使っている何でもないその言葉が、最近は妙に気にかかるようになっている。

昨日のウルトラの80k付近エイドで給水していると、となりの女性から声を掛けられた。

Img_0119

「おとうさん、ここまで来たんだから、何が何でもゴールしましょうね」と微笑んでいる。

Img_0120

その瞬間素直になれなくて、「おとうさんじゃ、ないよ」と言葉を発しそうになった。

だが、改めて見れば相手は、自分の娘くらいの年恰好の女性であって、そう言われても無理はない。

Img_0121

逆に女性の方からすれば、「こんな年配の人が頑張ってるんだから、私もゴールを・・」と思ったとしても不思議はない。

Img_0127

宿に帰って鏡を覗くと、やはりそこには、疲労して皺ばった初老の男の顔があった。

かつての紅顔の青年も、馬齢を重ねに重ねりゃあ、この程度の顔になるだろうって顔だ。

Img_0128

それにもかかわらず、その自分の加齢を納得できないでいる自分がいる。

Img_0129

このウルトラマラソンにしても、こんな苦しい事を何時までやるのかと攻める自分も存在して、

そいつと何時もせめぎ合いになるのだが、75歳までは挑戦を続けるつもりでいる。

Img_0135

とは言えかつて11時間代で走ったのに、今では関門を常に意識しなければならなくなっている。

Img_0138

持久力はともかく、瞬発力では格段に劣化しているのである。

それでも人間は不思議なもので、「やれば出来る」と確信して疑わない。

Img_0140

出来ないのは、自分がそれだけの努力をしないからだ、とそう思って生きている。

Img_0144

そしてこれは多分、何歳になっても続くのではないか。

Img_0158

しかして、人間とはそう言う生き物なんだろう。

そして、エキサイティングな昨日は、体のどこかで今も続いている。

Img_0160

|

« 走るその訳はゴール後に | トップページ | 習慣の力 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしも、知らない方におかあさん、なんて呼ばれたら腹立つし、かといってお姉さんて言われてもわざとらしいのはわかるし、おばさんもいやだけど、おばあさんとはまだ呼ばれたことないけど、呼ばれたらショックだろうし、じゃあなんと呼ばれたら納得するのか、おくさんてのもいやだし、困ったものだ…。

投稿: そよ子 | 2017年4月24日 (月) 20時54分

やりましたネ・・・
完走おめでとうございました。

勉強会で別れたあと
私は
ぎりぎりでも必ず完走すると信じておりました。でも苦戦するのだろうとはおもっておりましたが、みんなから後を押されてその気に
なったんじゃあないかとも思いました。

ウルトラマラソンは
完走するか、完走しないかの2つにひとつで、制限時間1秒前にゴールしても完走
サブテンでも完走
調子よくて途中のタイムがよくても
制限時間内にゴールしなければ未完走。
そこには
言い訳は全く通用しません。

タイムは後からついてくると思ってます。

完走したい思いの強い(深い)人が完走の
感動を味わうのです。

それには
普段の絶え間ない地道な練習しかない。
真理は・・・練習量が勝敗を決めるのです。

「やれば出来る」と思えるのは
やるだけのことはやったと言い切れる人ではないかと思います。

山草人さんは
それだけの練習と努力と心意気があるから
「やれば出来る」と思えるのだろうと、思います。
持久力はともかく、瞬発力では格段に劣化しているのである・・・と自ら認めているから
本番直前まで練習と、努力を怠らないのです。

富士五湖・・・完走おめでとうございました。すばらしい!!!

投稿: ヒロボー | 2017年4月25日 (火) 08時18分

おじいちゃん、と呼ばないように
気を使ってくれたんでしょうね~(笑)。

投稿: あだち。 | 2017年4月25日 (火) 17時40分

そよ子さん、そういった意味で私達(一緒にして御免)は、変声期なんでしょうね。自分がジジイと見られたくないし、気持ちはちっともジジイじゃないしね。
 その話しかけてくれた子、そう・・そよ子さん似の美人だったんだ。おとうさんって呼ばれてむくれずに、親しくなりゃ良かったんだ。それにしても、彼女ゴール出来ただろうか?
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年4月25日 (火) 18時06分

 そうですねヒロボーさん、皆さんが背中を押してくださったからこそ、あそこで踏ん張れました。
 精進湖から西湖を経て河口湖に至る帰りのコースは、正に試練の連続でした。それでも諦めなかったのは、皆さんの顔でした。
                山草人

投稿: 山草人 | 2017年4月25日 (火) 18時11分

 そうだよ、あだっちゃん。多分彼女は、御爺ちゃんって、そこまで口に出かかったんだよね。若い自分がこんなに大変なのに、こんなジジイが頑張ってるんかってね。だけどウルトラは、若さだけじゃないんだな。要は精神力よ!! エヘン。それにしても、あだっちゃんと一緒に、ウルトラ完走する日が待ち遠しい。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年4月25日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65192360

この記事へのトラックバック一覧です: おとうさん:

« 走るその訳はゴール後に | トップページ | 習慣の力 »