« おとうさん | トップページ | 人生を楽しむには »

2017年4月25日 (火)

習慣の力

子供の頃、学期松のテストが近づいて机に向かう、あの勉強が嫌いで仕方が無かった。

勉強だけじゃなく、草野球に誘われても、そのボールを扱うことがどうにも苦手でしょうがなかった。

Img_0132

人前で話をするなんてとんでもない事で、自分は凄く小心なんだと思っていた。

だけどそれは、今考えると、ただ単にそうした習慣が無かっただけだと分かる。

Img_0133

勉強をする習慣もボール投げすることも、話をすることもほとんど無かったからだ。

人間は習慣の動物で、怠惰が癖になれば生涯をそれで過ごすことになる。

Img_0136

私はケチだが、これは小さい頃からの貧乏性が身に染み付いて習慣化したからだろう。

同様に浪費癖だとか、怒りっぽさ、泣き虫、アルコールや喫煙、整理整頓なども、すべからくその人の習慣に起因する。

Img_0145

正直な人はいつも正直が習慣だから、嘘などつこうと思ってもつけるものではない。

明日から日記を書こうと一念発起しても、習慣にならなかったら3日坊主で終わっちゃう。

Img_0040

つまり良い習慣を身につければ、私達の人生の諸々の苦労の大くは解消したと同じだ。

そしてその習慣を身につけるには、物事を先延ばしすることなく直ぐに始めることだ。

Img_0043

そうして、とにかく繰り返すことで、勉強も仕事も、ボール投げも楽しくなるものだ。

私は、理由も無く体を動かすことが大嫌いだった。

Img_0046

それも、自分は運動音痴で適性が無いと思っていたが、実は体を動かす習慣が無かったに過ぎない。

40歳の頃、時代(バブル崩壊)や人生の転機を迎え、何とか自分の生き方を変えようともがいていた。

Img_0047

その時、その手段として始めたのが、書く、合う、走る、栽るの四つの事だった。

書くことは同人誌への定期的な寄稿、合うことは幾つかのサロンへの参加、

Img_0050

作ることは葡萄を植えることで、それ程の障害も無く習慣化できたと思っている。

しかし走ることは中々定着させられずに、止めたり始めたりが数年続いた。

Img_0053

それが走る会に参加することでやっと習慣化し、今日の私のランニング生活に繋がった。

仲間との競い合いが習慣化を促してくれた訳で、それも偶然の出会いがきっかけだった。

Img_0054

ともあれおよそ人生は、良い習慣(コツコツ)を身に付けることが鍵になると思う。

|

« おとうさん | トップページ | 人生を楽しむには »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

習慣は
第二の天性と言われて

今の私がある。

いい習慣に出逢って

感謝です。

投稿: ヒロボー | 2017年4月25日 (火) 23時29分

ヒロボーさん、それは出会ったというよりも、自ら創り出したんだよね。
 昔は、習慣なんて惰性位に考えていた。走る習慣、書く習慣、挨拶の習慣、毎朝の立哨の習慣etcと、無論数えきれない習慣で、私の生活も成り立っています。そういう意味では、今の私なんでしょうね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年4月26日 (水) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65195160

この記事へのトラックバック一覧です: 習慣の力:

« おとうさん | トップページ | 人生を楽しむには »