« 同行二人 | トップページ | 年齢制限 »

2017年5月14日 (日)

人はそれぞれ

先日「人は何故、長生きをしたがるのか?」と書いたが、その続きを書こうとしている。

この世の中、誰もがそれぞれ精一杯のパフォーマンスをしながら生きている。

Img_0067

例えば走りっこにしても、自分の記録を目指してひたすら走るランナーがいる。

その一方、ユニークなウエアーを着たり仮装をしたりとそれぞれ目立つことに拘る人もいる。

Img_0073

更にその見ず知らずのランナーの為に、自前でエイドを設けて下さる人がいる。

先日の万里の長城では、日中韓の国際サポートチームが目の不自由な人達の援助をしていた。

Img_0116

必ず三か国の出身者がチームになって、障害のある方をサポートするのがルールだそうだ。

ラン仲間のMさんをサポートした韓国と中国の方には私も面識があって、彼らの真摯な友好への努力には本当に頭が下がった。

Img_0117

マラソンは、それは単なる遊びかも知れないが、それぞれにそこに意味を見出して、みんな懸命なのである。

Img_0118

いやいやこれはマラソンに限ることではなく、人生須らくに通じることなのである。

人間が欲望を満たすことのみを目指して生きるのなら、長生きなんてナンセンスだ。

Img_0075

動物的能力がどんどん欠落していって、本来の欲望を満たせなくなるのが長寿だからだ。

だけど私達は欲望とは別に、人それぞれの希望若しくは夢を懐いて生きている。

Img_0077

その夢は何も自分のことに限られたことではなく、社会全体に開かれてもいる。

だから全てに絶望しない限り、夢は次から次へと広げることが出来る筈だ。

Img_0086

例えば、世界平和の為に何がしかの行動をするってことでも、孫の為になんてのも有りだ。

93歳になってなお気丈な私の母親は、家族のために何らかの為になることを張りに生きている。

Img_0214

息子の私が頼りなくって心配だってことも、長寿の大きな要素になっている様だ。

ともあれ人は、それぞれの希望(夢)のために生きるのである。

Img_0087

それで、改めて我が夢を膨らめて見ようと思っている。

|

« 同行二人 | トップページ | 年齢制限 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65279053

この記事へのトラックバック一覧です: 人はそれぞれ:

« 同行二人 | トップページ | 年齢制限 »