« あの子もこの子も | トップページ | 色即是空 »

2017年5月17日 (水)

幸運な人生?

私は運命とか運などと言うものは信じないのだが、この世に運らしきものはあるようだ。

人との巡り合いや事故・災害との遭遇、或いは宝くじや生まれた時代も「運」なのかも知れない。

Img_0164

この点職場に恵まれ、加えて多くの優れた先輩や仲間に恵まれた私は、総じて幸運だったと思っている。

勿論不運だって数限りなくあった訳で、特に籤運の類には全く見放されている。

Img_0167

だからこの三十年宝くじ等は買ったことが無いし、大売出しの籤引きすら敬遠している。

昔、麻雀に熱中したことがあって、あのゲームにはツキ(運)を呼び寄せる極意がある。

Img_0173

それは多分、ツキがないと思った時には、ひたすら我慢して無理をしないことだ。

その流れに逆らうと大負けを喫することになるし、やがて来る運を遠ざけてしまう。

Img_0174

同様に人生にも多分に波があって、数少ないチャンスを確実に捉えるのも運だろう。

いや運と言うよりも、偶然の重なりなのかも知れない。

Img_0175

偶然出会ったとか、たまたま空きがあったとかで、その偶然とどう付き合うかで人生は変わる。

そもそもこの世は無限の偶然で成立っている訳で、偶然も人間が作り出しているものだ。

Img_0179_2

いやいやそれどころか、この地球上の人間の存在だって宇宙の奇跡だよね。

そうして肝心な事は、その偶然に出会う場所に自らを置いているかどうかと言うこと。

Img_0185

人や仕事との出会い、アイディアの発見も運と言えば運だが、それも・・

自分の能力や感性・考え方によって大きく変わる訳で、それは運命でも何でもない。

Img_0194

定年退職して半年後にあのリーマンショックがあって、退職金の大部分を株に投資していたからそれが半分になった。

それは大変な不運だったけど、経済や株について深く知るところとなって、今ではむしろラッキーだったと思っている。

Img_0197

要するに気持ちの持ち様で、運は努力によってもたらされるんだろう。

それにしても今もって分からないのは、細君との出会いは貧乏籤だったのかどうかという事。

|

« あの子もこの子も | トップページ | 色即是空 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65286122

この記事へのトラックバック一覧です: 幸運な人生?:

« あの子もこの子も | トップページ | 色即是空 »