« 老いて学べば | トップページ | 高等遊民 »

2017年6月14日 (水)

大正ロマンの街

どうやら平成も残り少なくなったようだが、バブル崩壊と失われた時代になるのだろうか?

この点、短かったとは言え大正時代は、文明開化後の成熟の時代と言えるだろう。

Img_0269

そして大正時代は、何故か「浪漫」の時代としてノスタルジックな雰囲気を醸している。

Img_0253

岐阜県の明智に大正村と呼ばれる≪地域≫がある。

Img_0254

地域ぐるみ大正時代を演出して、それによって地域を起こそうという、正にロマンが続いている所だ。

Img_0255

明治村の様なミュージアムかと思って訪れたのだが、何とこれが生きたミュージアムだった。

Img_0256

元役場の建物が「大正村役場」で、そこには大正105年とか記されていた。

Img_0258

その役場を中心に、郵便局やら土蔵、大正時代を彷彿とさせる建物が続いていて、

Img_0259

近くのバラ園では大正時代の音楽を奏でていた。

Img_0261

大正期の映画のあれこれ、ブリキやこけし玩具のコレクション、電話など逓信発展の歴史、

Img_0262

大正期の教科書などが町のあちこちに展示されていて、遊歩道に沿って歩き回れば半日は遊べるだろう。

Img_0263

昭和、しかも戦後生まれの私にとって、大正とは文学や歴史の中の世界でしかなかった。

Img_0265

欧米に追い付けとばかりに文明革命を驀進した明治という時代があって、

Img_0266

暫しの踊り場の様な時代だった印象があるが、私の親父もお袋も大正生まれだ。

Img_0267

果たして、この大正村の発起人は大正時代生まれの人達だったのだろうか?

Img_0268

この村の運営は多くの人達の寄付で賄われているようだが、平成も終わろうとする今日、

時代の色彩を頑固に保存しようとする人達の試みは、ただただ感心するに尽きる。

Img_0270

ここはあの明智光秀の生まれた所なんだろう。

|

« 老いて学べば | トップページ | 高等遊民 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65411096

この記事へのトラックバック一覧です: 大正ロマンの街:

« 老いて学べば | トップページ | 高等遊民 »