« 過ぎ去りし日々 | トップページ | 命の季節 »

2017年6月20日 (火)

本来無一物

かつて若い頃には人並みに、出世欲だの豊かになりたいって願望が多分にあった。

いやさ、その為にコツコツと人知れず苦労してきたのだと思う。

Dscn1698

そんな生臭さのピークはたぶん四十代で、あれも出来るこれもと拡大の時期だった。

世は正に高度経済成長の真っ盛りで、少し背伸びすれば何でも手に入る雰囲気もあった。

Dscn1658

それが平成二年にバブルが崩壊し、世の中の雰囲気は一転して重苦しくなっていった。

そんな時代の変化を映して、私の内面もその「欲しいもの」が徐々に変わってきた気がする。

Dscn1659

と言うか、男も五十を過ぎりゃ人生が少しは分かるようになって、達観するんだろうなきっと。

それまでのギラギラが無くなって、人生を楽しむって方向に自然に舵を切ったのだと思う。

Dscn1661

つまりそれまでの発展・拡大から、整理・縮小の方向に転換したってことだ。

それが70に近づくに従って次第に加速し、物も余計な人間関係も捨てる方向に動いている。

Dscn1662

そして最終的には、この自分を捨てるところまで行くのだと思っている。

という訳で、これまでに身の周りの物をかなり処分して身軽になってきたのだが、

Dscn1663

昨日からクローゼットの整理を始めていて、背広やワイシャツ・ネクタイの処分を始めた。

そもそもこれからは、背広など式服を含め2〜3着もあれば十分なのだ。

Dscn1664

人間本来無一物、人生の極意は、自分を如何に消して行くかではないかとさえ思う。

そうして生まれたままに近づいて、裸になって天真爛漫に生きられれば最高ではないか。

茶の湯や華道の世界も、無駄なものを限りなく削いで形式美を求めるじゃない。

Dscn1640

人生も、アレと同じなんじゃなかろうか。あぁ〜、色即是空 空即是色。

物も金も要らないけれど、逆にやりたいことは次から次へとあるんだから人生は面白い。

|

« 過ぎ去りし日々 | トップページ | 命の季節 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました! 突然電話して「小笠山ラン」同行させていただいたこと!最初のうちは何と後ろについていたのですが、中盤過ぎていっぱいいっぱいとなり、最後は「足が動かない・登れない・身体が動かない」と云う症状でした。ご迷惑かけてスミマセンでした。またいろいろ教えてくださいよろしくお願いします。

投稿: gaku | 2017年6月20日 (火) 20時37分

いえいえ、どういたしまして。どうやら、山を走るには独特の筋肉が必要なようですね。週に一度このコースを走るだけで、随分楽になりますよ。是非、おいでください。
 今度の日光では、あのいろは坂を30k近く登り続けなければなりません。この間を、何とか4時間45分以内に走りたいと思っています。背中を押してくださいね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年6月20日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65436117

この記事へのトラックバック一覧です: 本来無一物:

« 過ぎ去りし日々 | トップページ | 命の季節 »