« 静と動と | トップページ | 音の魔法使い »

2017年6月 3日 (土)

学園(東陵)祭

新学期が始まって2か月、この時期は何処の学校でも学園祭が開かれている。

クラスや部活で巡り合った生徒達が、一緒に汗を流して祭りを作ることで一体になる。

Dscn1670

学校の中でも非日常的行事で、だからこそ、それぞれの級友の様々な部分が見えてくる。

若者達のパフォーマンスの息吹を感じたくて、午後はそんな学園際に出掛けたのである。

Dscn1671

テーマは「歌舞音曲」笑顔を奏でよう〜で、しおりの表紙には美術部員の作品がプリントされている。

Dscn1673

各クラスごとの出しものや部活の成果発表、音楽コンクール、それにバザールなどと多彩で見て歩くのに大変な程だった。

ひとわたり各教室を巡って茶道部の部屋でお茶を戴き、偶然囲碁部の部屋に立ち寄った。

Dscn1657

すると小学生と思しき子供と囲碁部顧問の対戦が目に入ったが、何だか雰囲気が変だ。

盤面を覗くと顧問が黒石を持ち、しかも何石かの置き碁の様であって汗をかいている。

Dscn1656

尋ねると何と8石を置いての対戦だそうで、しかも相手は小学5年生とのこと。

将棋の藤井六段を思い起こさせるが、何とこの少年は中国棋院の5段を持つそうで、

Dscn1655

実力は8段位らしいと言うから、日本棋院3段の顧問がタジタジなのも無理からぬこと。

Dscn1654

傍らで観戦していた私に対戦をとの話があったが、流石にウンとは言えなかった。

Dscn1665

私の囲碁は二十代前半で終わっていて、棋院の初段を取得して以来石を握って居ない。

Dscn1667

囲碁に復帰したい気持ちはあるが、何しろその時間的余裕がないのである。

ともあれ学園祭は、それぞれの達成感と共に「青春の一ページ」を終えた様である。

Dscn1669

当の私にとっては、学園祭などは遥か昔の出来事なのだけど、それでも覚えている。

あの時の先輩が頼もしかったこと、今でも忘れないが…どうしているかなぁ〜。

Dscn1666

この一時ばかりは、五十数年もタイムスリップした自分が見えたのである。

|

« 静と動と | トップページ | 音の魔法使い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65364858

この記事へのトラックバック一覧です: 学園(東陵)祭:

« 静と動と | トップページ | 音の魔法使い »