« ビアマラ | トップページ | 邂逅 »

2017年7月 9日 (日)

人生という賭け

細君の母親がなくなって今日明日と葬儀なのだが、世代交代というか、一世代が去ったという過ぎ去りし時間を思っている。

あの頃(たびたび実家を訪れた)義父母はまだ現役で、毎度大変な歓待をしてもらったものだ。

Sscn1868

そう・・・お互いに十分若く、将来への未知の期待だって十二分に持っていた。

私達が人生を生きるのは、何がしか野漠然とした将来への期待がベースにあるからだろう。

Sscn1871

子や孫ができたり、社会的に何かを実現したり、美味いものを食べたいとか、

意図するか否かは別にして、喜怒哀楽を含め人は何かを目標にして生きているんだと思う。

Sscn1888

そうやって常日頃は、何事もなく平穏に過ぎ去って行くのである。

だけどどこかで、その平穏は打ち破られるのが常で、人の死もその一つに過ぎない。

Sscn1897

そうして私達誰もが、普段は忘れているのだが、その死に向かって歩いているのである。

かく言う健康そのものの私だって、いつ何があるのか分かったものじゃない。

Sscn1902

だからこそ、「今」を生きることに心掛けているのだが、それとて時に弛緩してしまう。

そうして、人生と言うのは予定通り行くべきものだと思い込んでいたりするのだ。

Sscn1904

何かある度に人生には何があるか分からないと思い直すのだが、思えば私達は毎日、

幾つも幾つもの選択をしながら生きていて、そういう意味じゃ右か左か賭けの連続だ。

Sscn1906

イエスかノーか、進むか止まるか、行くか行かないか、そういう意味じゃ人生ってなぁ賭けだね。

そして死ぬとは何なのか、それも死んでみなきゃ〜さぁ分からないんだ。

Sscn1907

さぁ〜て、人生の賭けに正解(勝利)なんてあるんだろうか?

みい〜んな、そいつを考えながら必死で生きているんだよね。

Sscn1912

|

« ビアマラ | トップページ | 邂逅 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65512525

この記事へのトラックバック一覧です: 人生という賭け:

« ビアマラ | トップページ | 邂逅 »