« 養気養体 | トップページ | この期に及んで »

2017年7月19日 (水)

あぁ、平和国家よ

この国は、武力は決して使用しないという世界に例のない憲法を持ち、かつ遵守している国だ。

勿論、これは70数年前の狂気を封じる為に、敗戦後に占領国が求めた規範でもある。Dscn1973

確かに恒久平和は理想だが、人間が国を作っている以上、その現実は甘いものでは無い。

しかしこの国に住む人々の多くは、恒久平和が現実にあり得ると思って生きてきている。

幸いにもこの60年余、現実の戦争に巻き込まれることなく過ごせたのは、平和憲法のお蔭だと信じているからだ。Dscn1979

すぐ隣にかつての大日本帝国に良く似た狂気の国が存在し、ICBMや核をちらつかせている。

それだって「なぁ〜に、滅多なことが出来る筈がない」と、何処かで楽観を決め込んでいる。

いわゆる「平和ボケ」に過ぎないのだが、イザとなればアメリカが守ってくれると信じてるようだ。Dscn1990

かつてABCD包囲網を打破すべく、負けると分かった戦争に突っ込んだ経験のある国だ。

だが、追い詰められると何をするのか分からないのが狂気だと、既に忘れているようだ。

それに人間(国家)の歴史は、その昔から戦争の技術を開発する歴史でもあって、

Dscn2006

作ったものは、広島・長崎への原爆投下のように、必ず使われてきた。

かの国は果たして、国民の生活を犠牲にして、使わない為のミサイルや核開発に邁進しているのだろうか?

Dscn2008

私達は、常軌を逸した暴挙だと非難はしているが、これはたった70数年前に辿った道ではないのか。

かの狂気の国から、核を搭載したミサイルが飛んで来ないという保証は無いのである。

Dscn2010

仮にそうなったら、これは観念して死を待つ他あるまい。

そして私達は、平和憲法の理念と共に滅びて行くのだろうか。

|

« 養気養体 | トップページ | この期に及んで »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

現実と理想とはかけ離れているのが現状ですね。
かの国の言っている事にも一理ありますよね。
戦勝国の面々は国連では拒否権なるものを行使して自国にとって都合の悪い事は常識からかけ離れていても賛成しない!

また、核やミサイルだって自国は保有しているのに他国の開発保有を許さない態度だ!

開発保有を許さないなら自国から見本を見せろと思うのは私だけだろうか?

投稿: かわい | 2017年7月21日 (金) 08時26分

そうですね、かわいさん。かつての大日本帝国にだって「お前らのやってきた事と、同じじゃん」って、確かに言い分はありましたね。だけどそんなもの、屁の足しにもなりゃしなかった。結局は戦争へと追い込まれ、アジアの国々に甚大な被害と禍根を残してしまった訳です。
 かの国の独裁者が、その同じ轍を踏まないという保証はどこにもないのです。
                山草人

投稿: 山草人 | 2017年7月21日 (金) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65554627

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、平和国家よ:

« 養気養体 | トップページ | この期に及んで »