« 見猿・聞か猿 | トップページ | 疑似現実の世界 »

2017年7月 6日 (木)

時代村に思う

今回のレースで日光江戸村を少しばかり覗いて、改めて元号の妙について思っている。

江戸時代(元禄や万延、安政・・)が終わって、まだ150年も経過しないのに、江戸は昔だ。

Sscn1946

そしてその江戸村は、少しも古びていなくって、その佇まいは均整がとれて懐かしく美しい。

可能ならば、温かな人情に包まれて江戸の街に住まいたいと思ったくらいである。

Sscn1922

江戸村は、さもあらんで、かなりの頻度で時代劇の撮影の場になっているらしい。

ところで、時代劇のほとんどが江戸時代であるように、江戸は明らかにミュージアムとして成り立つ。

Sscn1923

明治も明治村(愛知県)があって、一頃は文明開化と日本の近代化がテーマで賑わっていた。

そして大正村は先日訪れたばかりだが、岐阜県の明智市にあって、大正ロマンでの地域起こしに奮闘していた。

Sscn1925

昭和はまだ村こそないが(大江戸博物館の一部など?)、戦争・敗戦・荒廃からの復興・経済成長と実に大変な時代だった。

ただしかし、これをミュージアムにするのは、歴史問題もあって中々難しいのではないか。

Sscn1872

それで29年まで来た平成だが、どうやら次の元号が密かに検討されているらしい。

改元されると、私も昭和・平成・?の三世を期せずして生きることになるのだが、

Sscn1883

このバブル崩壊以降の平成を表現するのも難しく、多分ITの時代とされるのかと思う。

となると・・・・、とてものこと「平成村」の成立は有り得ないんじゃないか?

Sscn1886

ともあれ元号は不思議なもので、その時代を一掴みにすることが出来てしまう。

この点欧米人は〇○○○年と西暦を言う他ない訳で、数字には何のイメージも伴わない。

Sscn1887

やはり元号には、人の生きた時代を想起させる物語が伴うのである。

それにしても昭和から平成??まで、新生日本と共に生まれ、共に成長してここまで来たって感じかな。

Sscn1891

さて、次の時代は、如何なる時代なのか、とくと見てみたいが…・

|

« 見猿・聞か猿 | トップページ | 疑似現実の世界 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昭和村、美濃加茂市にありますよ。
毎年一月、昭和村をスタートゴールでハーフマラソンが催されます。
一度だけ一人で遠征し、その時に知り合った方と交流が続いてます。
私が子供の頃の風景があります。

投稿: 弥生 | 2017年7月10日 (月) 15時21分

「子供の頃の風景」小鮒釣りしかの川♪なんでしょうか。昭和は、この国始まって以来の変転の時代で、これまで私達は「昭和」を総括しきれないで生きてきてしまったのだと思っています、
 美濃加茂市の昭和村は、私達に何を伝えようとしているのでしょうか? 単なるノスタルジーでは、多分ないのでしょうね。思えば、昭和と言う時代は大変なドラマの時代だったのです。良くも悪くも、私達はその時代の呪縛を今も生きているのです。今度、その昭和村、とくと訪ねてみようと思います。
                山草人

投稿: 山草人 | 2017年7月10日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65500783

この記事へのトラックバック一覧です: 時代村に思う:

« 見猿・聞か猿 | トップページ | 疑似現実の世界 »