« 人生という賭け | トップページ | 初夏・命の躍動 »

2017年7月10日 (月)

邂逅

朝一番に、一番成りのスイカを収穫した。

と言っても、果たして熟れたものかどうか分からないのだけど、ズッシリと重い果実を抱きしめた。(冷蔵庫に入れて明日の朝、ドキドキのカットをと思っている。)

Dscn1949

スイカのあの文様が好きで、何だか水を透かして過去が覗き込めるような奥深さがある。

実は毎年西瓜を栽るのだけれと、今年の様にゴロゴロとたわわに成るのは初めてで、

Dscn1950

どうやら春先に雨が少なかったのが幸いしているらしい。

ともあれあの西瓜の文様の奥底に、(どす黒い?)自分の過去が埋まっている様な気がするのだ。

実は今日は長年役員を務めてきた団体の最後の会があって、実に多くの方々との別れをしてきた。

Dscn1951

一期一会とは言うものの、そのほとんどが二度と会わない人なんだと思うと、殊の外別れ難く感じてしまう。

その内の一人から40年前の私との思い出を聞かされて、あぁ〜あの時の・・・と邂逅したのである。

Dscn1952

もっと早く言えば良かったのだと言いつつ、私もどこかでお会いしたような印象だけは持っていた。

勿論、組織の長として采配を振るっておられる方で、昔のことなど話す暇もなかったのだろう。

Dscn1953

いやさそれだけではなく、今夜は「実はね・・・」って話を沢山伺ったのである。

それは私も70年近くも生きてきたのだから、色々とあって不思議はないが、

Sscn1913

それでも始めて伺う話も幾つかあって、人と人のえにしの不思議を思ってしまった。

Sscn1927

人間は多くの場合に立場で生きていて、生身の自分をいつも晒している訳じゃない。

それが送別会と言う特別な時に、フッとその本当の姿を見せたりするのである。

Sscn1945

人間、裸になりぁ〜、みんな同じさぁ・・・・・、そして裸になれるのかどうかが人の器量さ。

|

« 人生という賭け | トップページ | 初夏・命の躍動 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65517916

この記事へのトラックバック一覧です: 邂逅:

« 人生という賭け | トップページ | 初夏・命の躍動 »