« 2017年7月 | トップページ

2017年8月20日 (日)

編笠山から権現岳へ

早朝5時に出発し、登山口の観音平を目指していると、小淵沢IC近くから雨が降り始めた。

IC近くのコンビニで雨装備を整え、観音平に着く頃には既に大雨になっていた。

Dscn2178

その八ヶ岳の一角の編笠山(2524m)から丁度降りてきた外人が、「登山道が滝になっている」と興奮気味に言う。

Dscn2179

私達も流石に怯んだが、9:30、ぬかるんだ登山道を一歩一歩登り始める他なかった。

Dscn2180

編笠山はその名の通り編笠を伏せた様にこんもりとして見えるが、その実急登の続く山だ。

Dscn2182

外は雨に打たれ、内側は汗でびっしょりりになりながら、約2時間余で山頂に到着。

Dscn2183

その頃には雨も上がって、滝になっている筈の登山道もそれ程では無かった。

Dscn2185

軽い昼食を済ませ、巨岩で埋め尽くされた斜面を下りて青年小屋を経由、次の目的地権現岳(2715m)をめざした。

Dscn2186

途中は賽の河原の様(?)な分厚い石の急斜面が続き、相当に疲労が重なっていく。

Dscn2187

八ヶ岳は所を変えるごとに、その組成する石の中身が変わっていくようである。

Dscn2188

それはともかく権現とは如何なる命名かは知らないが、山はドンドン険しくなっていく。

Dscn2190

そして辿りついた山頂は槍のようにとがった岩の先端で、そこにしがみ付いて写真を撮り、

直ぐに下山して、一日目宿泊地のキレット小屋を目指したのである。

Dscn2191

途中には長がぁい梯子(30cm間隔61段)があったり、ヒヤリドキドキが続いたのだが、

キレットとは谷合との意味だろうか、随分と山を下った所にあって、4時近くに到達することが出來た。

Dscn2192

小屋は小綺麗に整頓されていて、ともかく明日への鋭気を養うのだが、本番は明日である。

私達は八ヶ岳連峰の南の端から北八ヶ岳の方向を目指して進むのである。

Dscn2195

それにしてもイントロに当たる初日、健脚自慢のメンバーなのにそれぞれかなり疲労していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

時間の錯覚

時間と言うものは、川の流れのように漠然と川下に向かって流れるものと思い込んでいた。

しかし、自分が止まっていて、時間だけが流れていくというのは少し変だ。

Img_0531

それはどうやら就業時間(8:30〜17:00)に起因している様で、仕事が終わったらって一杯などと、待ち焦がれているサラリーマンの心情だ。

それが、このところの(フリーになってからの)私の時間は、実は私と共に流れている。

Img_0532

実際のところ時計など無用で、自分の感じるままの時間で何の支障もないのである。

ブドウの収穫を済ませて、山を走り、暑いけど諸々の農作業で一日が終わる。

Img_0533

今日は秋キャベツを定植して、暑さ対策の寒冷紗を施したりして・・・

確かに一日一日と経過していくのだけれど、それは私の十二分に関った一日なのである。

Img_0534

「生存」するとか「生活」するという感覚を離れて、自ら生きているって気持ちになっている。

主体的能動的に明日を考えるし、思い立てば直ちに行動に移すのである。

Img_0535

昨日は砂漠レースのEQUIPMENTの相談にモンベルに出掛けて、少し手ごたえを得た。

自分が自分として行動する確かな感覚は、この二か月でかなり身に付いて来たのでは無いか。

Img_0536

「今」と言う現在を鷲づかみに生きられるってのは、それは何よりのことだと思う。

ところで明日から三日間、八ヶ岳縦走登山に出掛ける。

Img_0537

天候に幾分の心配はあるが、もう二十数年見上げて走ってきたあの山を極めるのだ。

編笠山から権現岳、赤岳を経て横岳、硫黄岳、そして小淵沢へ降りるのである。

Img_0538

という訳で、多分明日と明後日はブログを書けないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

心臓に感謝

毎月の勉強会でご一緒するXさんが、医者から余命1年と宣告されたとおっしゃっていた。

それで自慢だったオープンカーも売り払うなど身辺整理を進め、ワゴンカーを買って夫婦旅に出ている。

Img_0518

命のあるうちに、これまで行けなかった所を夫婦と犬一匹で辿るのだと言う。

見かけたところ健康そのもので俄かには信じ難いのだが、本人は真剣そのものである。

Img_0519

しかしながら、私達だって余命X年のはずなのに、そのXさんの行動を他人事と思っている。

胸に手を当てれば、ドックン、ドックンと力強い心臓の動きを感じるし、こいつが止まるなんて絶対有り得ないと思っている。

Img_0520

考えてみれば、心臓は生まれてからこの方(生まれる前から)動き続けて、もう30億回超動いている。

私の場合、人前に立ったり走ったり、緊張するシチュエーションが多くて酷使してきたから、もう相当に使い古している筈だ。

Img_0521

そうして、この心臓が止まる(心肺停止する)と、人間は「死」と判定されるのである。

ともあれ、何時まで働いてくれるのか分からないが、この心臓には感謝しなければなるまい。

Img_0522

ところで今朝は、ブドウの収穫を終える頃からかなりの降雨となった。

山に向かうべきかどうかと思案していると、Nさんからメールがあって既に7台も車があるという。

Img_0523

それで押っ取り刀で山に向かい、降り続く雨の中を2時間ばかり走ってきた。

流石に雨の中での着換えは辛いが、走り始めてしまえばむしろ心地良い雨であった。

Img_0529

人間は不思議なもので、こんな日にも自分の心臓を意識することは無い。

そう・・危急存亡の時、人生の重要な刹那に始めて自分に心臓があったと意識するのだ。

Img_0530

余命X年の今日、時々は胸に手を当てて、この心音をとくと味わわねばなるまいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

自在であれかし

この30年の間に、100kレースを数多く(平均して年に7大会)走ってきた。

100kレースは心と体のせめぎ合いでもあって、「もう、いいや」と思えばレースは負けだ。

Img_0501

かつての私の100kレースは50kに節目があって、50kを過ぎた地点で気分が随分と楽になったものだ。

以降ゴールまで49k、48k、47・・・・30k、20kと残りの距離を縮めて行くのが快感でもあった。

Img_0510

過去形で書いたのは、それがここ数年来「未だ、ゴールまで50k・・」って感覚になっている。

関門時間に追われて疲労はピークに達しているし、ゴールまでの余裕がなくなりつつあるのだ。

Img_0511

それでヘトヘトになって、ゴールに辿り着ければ上出来なのが最近のレースだ。

ともかくも最近の大会では、「折り返し点」という感覚がなくなってしまった。

Img_0512

考えたのは、しからば人生の折り返し点は何処(何歳)かということだ。

勿論、結婚や子供の成人・定年などと節目は幾つもあるし、体力の衰えの始まりなら30代からだろう。

Img_0513

あれやこれや、色々と考えてみると、どうやら私の場合には「古稀」かと思い至った。

子供の頃からずぅ〜っと登り詰めてきて、今年諸々の役職や仕事から殆どフリーになった。

Img_0514

思えば遥けく来たものだが、それに人生レースの内容だってそれなりに充実していた。

そして、もぉ〜ぅ拘束されることもないし、融通無我・・・言うならばしたい放題が出来るのである。

Img_0515

正に折り返し点であって、後は残りのゴールまでの距離を楽しみながら縮めれば良いのである。

しかも、それは自在が利くうちが花で、最近のレースの様なヘロヘロでのゴールは避けたい。

Img_0516

そうなんだ・・・、これからの生き方は「自在」を持って良しとすである。

それにもう十分生きたし・・・、人生は長けりゃ良いってものでもなかろう。

Img_0517

だからさぁ〜、自在だよ。これからは自在に生きることが肝要と見つけたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

人生は物じゃない!

戦後の貧しい時代に育った私達は、冷蔵庫やTV、ラジカセや車など、物が一つ増えるごとに幸せを感じてきた。

現実に親父の自慢は「村で二番目に早くTVが入った」ことだった。

Img_0500

あの時代は、そうやって幸せを競い合った誠に無垢な時代だったと思う。

何時の間にか見渡すと身の周りは物で溢れ返る様になって、おまけに暮らしているのは我が家なども年寄りばかり。

Img_0502

おまけにカミさんが片付け嫌い(ゴミ主婦)ときているから、ゴミの山の中での生活を余儀なくされている。

せめて自分の身の周りだけはと、机の周り2m四方は整然と片付けられている。

Img_0503

勿論モノにはそれなりの思いが詰まっていているが、それはその当人だけのこと。

いずれ当人が死ねば、すべからく何の価値もない粗大ごみになるのは必定なんだ。

Img_0504

捨てられないのは、そもそも自分自身の過去に未練があるからだろう。

この私も未練まみれで生きてきたが、そろそろその未練を捨てても良い頃合いになりつつある。

Img_0505

それでこれからは、自分の行動そのものにアンデンティティを見出して行こうと思っている。

つまりモノへの未練を捨て去って、残された命の甲斐をこそ充実させることだ。

Img_0506

そうして充実した沢山の思い出を残すことが出来れば、それは結果として良い人生になる筈だ。

Img_0507

しかもその思い出は自分の頭の中の記憶だけでいい、日記など残すのは愚の骨頂だ。

思えば十数年前からそんな思いで日々を暮らしてきたが、これからはもっと徹底するだけさ。Img_0508

今日より明日は何を減らすことが出来るか・・・ってな具合に少しずつ身辺整理をする。

一方で、これまでやり残したことを一つ一つクリアーしていく。

Img_0509

人からは、「飛んでいる・・・」などと言われるが、これがホントの生き方じゃないかと思いつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

初盆縁に

旧盆の今日は、村内の初盆のお宅を訪ねて供養に歩く風習がある。

この夕暮れ時、私も近所の人達と連れ立って、村内の白提灯を飾った6軒のお宅を訪れた。

Img_0577

祭壇にはそれぞれ故人の遺影が飾られて、あぁこの人も死んだのかとの思いを新たにする。

それが私と幾つも歳が離れていない方も何人か亡くなっていて、

Img_0581

それは他人事(自分と関係無い)と思いつつも、そういう時の流れをどこかで感じている。

人は誰でも年を取り、そして例外なく一度は死ななければならない。

Img_0582

だからと言って、思い悩んだりしたところでどうなるものでもなく、人生ってものは歳を取って死に至る過程以外の何物でもない。

しかも肉体の衰えは別にして、内面は日一日と充実して味わい深くなるものではないか。

Img_0583

駄飯を食らって歳ばかり重ねるのは愚の骨頂で、中身の空っぽな年寄りはそれは醜い。

どこかそんな目線で遺影を眺めていたのだが、みんな「そんな事は、他人の知ったことか」って顔していた。

Img_0584

それはそのはずで、誰だって懸命に、その人なりの人生を懸命に歩いたのである。

自分と言う人生最大の作品を遺影が現しているのである。

Img_0585

そしてそれは、自分が選び取った結果なんだから、南無阿弥陀仏としか表現しようがない。

Img_0590

初盆縁は故人を偲ぶ習わしだけど、実は自分の生を見つめ直す機会でもある。

死を他人事にしてしまうのではなく、自分なりに噛みしめる機会なのではないか。

Img_0597

生きている以上、何時死と遭遇するのかも知れないし、だからこそ悔いなく今を生きろってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

乃至無老死

盆の入りで我が家にも和尚さんがやってきて、熱心にお経を唱えていった。

その最初の教が、あの魔訶般若波羅・・で始まる般若心経である。

Img_0455

それで良く聞いていると、始めの部分で「・・亦無無明盡。乃至無老死。亦無老死盡。・・・」

と唱えていて、要するに「迷いはない。故に迷いがなくなるということもない。老いと死はない。

Img_0469

ゆえに老いと死がなくなるということもない。」とお釈迦様は仰ったと言うのである。

正に禅問答で訳が分からんから、お布施をさし出しながら「死が無いとは一体・・」と口にした途端、

Img_0493

和尚は「毎日、暑いですねぇ〜。それでも、走っているんですって?」と、話題は一気にそっちへ行っちゃった。

確かに和尚に色即是空を問うても詮無い話で、我が和尚の方が一枚上手だったようだ。

Img_0494

しかしながら、この「無老死」ってくだりは仏さんに言う言葉じゃなく、我々の現実にこそ必要だ。

もう古希になるんだから余命は十年と少しってことになって、

Img_0495

それは遠い先の他人事だと思いつつ、それでも終活なんて意識が何処かにある。

それまでに貯金を使い切って、あれとこれをやって・・・・などと、呑気に考えている。

Img_0496

厄介なのは自分が何時死ぬのか分からんことであって、死ぬまで生きなきゃならんことだ。

色々とおもんみるに、お釈迦様は「空」の境地に達していて、そもそも自分なんてものは無い。

Img_0497

ないものが死ぬ訳ないだろう。それに仮に死があったとしても、死んだ時にゃ自分はいないんだから、「死」なんて無いでしょ!

Img_0498

と、まぁ〜そう仰っている訳ですよ。

つまりその・・・・、死なんてことを考えるより、今をこそ懸命に生きろってことになる。

Img_0499

あの世なんて、無いんだからさぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

この今

この夏は暑さの割に、セミの鳴き声が大人しい様に思うけど、気のせいだろうか?

今日の山は曇り空のために木立の下は薄暗く、騒々しいアブラゼミなどは押し黙って、

Img_0275

山全体にカナカナの声が響きわたっていて、何だか黄泉の国の鈴の音(?)の様だった。

それで思ったのは彼らの寿命のことで、地上での彼らの寿命は3週間程度だ。

Img_0276

地中で1~5年の幼虫時代を過ごすとは言え、三週間鳴き尽くす合間に交尾して産卵し、死んでしまう。

誠に忙しいというか、慌ただしい蝉生ではある。

Img_0456

これに比べると、人生は短いとは言っても80年位は生きるんだから、相当に長いってことになる。

交尾して子供を産み育てたら用済みな訳だが、人間だけはどうした訳か余生が長い。

Img_0460

それで古希になろうとする私も、今からあれをしよう、これも出来ないかといまだに青年をしている。

この時期、山の杣道にはセミの死骸が幾つも転がっていて、ついつい人間の性を考えてしまう。

Img_0472

役割を終えたらセッセと死ねばよいのに、何故何時までも生きているのかってこと。

そう・・・、この人生、何のために生きるのか定かではないが、それでも精一杯生きたい。

Img_0474

まだ実感はないが、老いと言うものがあるのなら、それがどんなものか楽しんでみよう。

いやさそれ以前に、まだまだ出来ることがあるのではないか。

Img_0490

セミも人間も生きている以上いつか死ぬ訳で、長かろうが短かろうが死ぬことに変わりない。

多分、セミには未来への不安なんて無くって、その3週間の蝉性をジージー・ミンミン鳴きながら目一杯生きている。

Img_0491

人間だって同じで、いつだってあるのは「この今」だけなんだよね。

その今を楽しまなくって、どうするの?・・・・っていつも言い聞かせている。

Img_0492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

幸せは何処に

学校が夏休みなので、私の朝はブドウやオクラの収穫から始まる。

朝食を済ませて山に向かい、午前中に15k余の山道を走るのが日課だ。

Dscn2177

午後はもっぱら農作業で、今日はカボチャを除いて最後のキュウリを定植した。

とは言えキュウリはウリハムシとの格闘が続いていて、毎日7~8頭を捕殺するのだが、

Dscn2176

被害は一向に減らず、今日は2畝を防虫ネットで覆って、少しばかり安心をしているところだ。

そんな何の変哲もない一日を終えつつ、それなりに満たされている自分を感じている。

Img_0522

昔は「青い鳥は、何処にいる?」って彷徨ったり、財産や権力・名声或は才能が幸せかと思ったりしたこともあった。

だけどそんなのは・・・贅沢な暮らしが幸せかって??、そんなことは無いって簡単に分かった。

Img_0523

不満?・・・それは税金が高いとか、刺激が少ないとか無いことはないが、そりぁ幸せとは関係ない。

金も物もいらないし、日々の命の充実があればそれで十分だ。

Img_0524

それはさぁ〜、昔は出世競争なんてのもあって、なんで俺はなどと思ったこともあったさ。

だけどそれは昔の話で、過ぎてみれば出世したが為に不幸を招いた人だっている。

Img_0525

そんなあれやこれやを思えば、幸せとは物や現象じゃなく、そいつの心根次第だね。

今、その心根(我が魂)は実に自由を謳歌していて、正に幸福の絶頂にあるのではと思う。

Img_0526

その証拠に、ブドウの収穫をしながら、山を走りながら、西瓜を食べながらetc、あぁ〜俺りぁ幸せだぁ〜って感じている。

6月7月と月間400k以上を走って来たことで、私の足は一層逞しくなって登坂も随分楽になった。

Img_0527

心も体も強くなるにはそれなりの努力が必要で、それは楽じゃないけど、その苦しみが今では喜びになりつつある。

それにしても、さんざん汗をかいて、帰宅して食べる冷えたスイスは美味しいなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

我が魂

私も含めて、それぞれの人が異なったその固有の人生を歩んでいる。

私も70年近く生きてきて、この間子供の頃から少しずつ変わってきて、今ここに居る。

Img_0482

そいつをここから眺めると「鈍」だなって思ったりするが、そんな愚鈍なことも沢山やって、

そりゃあさぁ〜、面白い事も嬉しいことも、哀しいことハラハラ・ドキドキだってあったさ。

Img_0483

それって、考えてみると、みぃ〜んな私の人生と言う「魂」の歩みじゃないかと思った。

色々な失敗や挫折を繰り返したのも、得意満面で仕事をしたのも、100kマラソンを走るのも私の魂だ。

Img_0484

もちろん何をして何をしないのも私の魂であって、そいつが脅かされりゃ反作用も起こす。

それで仲違いとか、喧嘩や離反なんてことにもなるんだろう。

Img_0485

ともかく、この70年間この俺を演じているのは、間違いなく俺の魂だ。

「それじゃぁ〜、お前は誰か?」だって・・・・、そりゃぁ間違いなく魂の俺さ。

Img_0486

その俺は、この魂を未知の世界への冒険やめくるめく愛の世界(?)や・・・に誘おうとしている。

様々な、そう・・心躍るような喜びや感動の体験をさせてやりたいのである。

Img_0487

今日は稀に見る暑さとかで、我が机上では37度を記録していた。

夕暮れと共に幾分生温かな風に変わってきたところだが、別に暑さに当てられた訳じゃない。

Img_0488

我が魂(プシュケー)はちゃぁ〜んと生きていて、この俺を突き動かしているのである。

ただしかし、この魂はちっとも歳を取らないのが玉に傷なんである。

Img_0489

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

好かれたくって!

私は貧しい農家の生まれだが、母親の愛情に包まれて育ったと思っている。

毎日が重労働の連続で、それでも家計は苦しく、父母の会話から子供心に生活の現実を意識していた。

Img_0462

朝は暗いうちから働き夜なべ仕事をして、それでもなお私は母親から愛情を受け取っていた。

母親の本能なのかも知れないが、「いつか、この母を喜ばせたい」と思って当然だろう。

Img_0473

やがて世間に出ると、母から注がれた様な情愛を他人にも求める様になっていた。

だけどそんな馬の骨を好いてくれる物好きなどある筈もなく、ようやく世間ってものを知った。

Img_0475

とかく人間は自分本位なのであって、自分に好意的な人を大切にするのである。

社会に出て職場の研修で「人を褒めることで、上手くいった・・・」話が印象的だった。

Img_0476

だけどお世辞は別にして、職場の競争相手をそんなに褒められるもんじゃない。

でも「あの人は、〇×がすごく上手い」などと噂すると、それは確実に自分のところに跳ね返ってきた。

Img_0477

そう・・・人は、自分のことを好きだと言う人のことを好きになるのである。

これを商売に駆使しているのが酒場の女性で、先ずは客を褒めて褒めまくって歓心を買う。

Img_0478

褒められて嫌な客などいやしないから、ひょっとして本気で好かれているのかと通い詰めるって訳だ。

これは世間一般でも同じで、自分に好意を抱く人間に好意を寄せる様になるし、私もそうだ。

Img_0479

味方を得たいし、自分を好いてくれる人は一人でも多い方が良い。

だけどこの人の世で、誰にもでも好かれるって訳もなく、果たして生涯に何人と心通じることができるのか?

Img_0480

ともあれ、私を好きだって(お世辞でも)言ってくれる人が好きだし、これは母の愛に通じる。

だけどさぁ〜、世の中って、この好きか嫌いかで案外動いているんだよなぁ。

Img_0481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

私は私

人間って奴は、多分に思い込みの動物であるらしい。

何かを思い込むことによって、少しずつその何かを変えてきたし、自分の指針にもしてきた。

Img_0461

子供の頃の私の思い込みは、多分に母親の薫陶に負うところが大きかった。

特に学校を出た訳ではないが、おそらく修身で学んだ世界観を子供に仕込んだのだと思う。

Img_0464

その母親の教えを通して世の中を見ていたし、今日の保守的な性格も根はその辺にある。

中学を卒業するあたりまで、その母親の教えをかなり忠実に守って生きたのだと思う。

Img_0465

やがて高校・大学へと進んで別の世界観と交わるようになり、少しずつ自分を創ってきた。

儒教の世界からマルキシズムへ、やがて今日の世界観に至るまで、思い込みは常にあった。

Img_0466

家族・夫婦関係はこうあるべきといった思い込みが現実が合わず、それで苦労もした。

それが60を過ぎたあたりから諦観が多くを支配する様になって、衝突は少なくなった。

Img_0467

それに思い込みから脱して、自分で一人考えることが多くなった。

残された人生を、もっと自由に生きた方が良くはないかとの思いが、その根底にある。

Img_0468

思えばずぅ〜っと、それぞれの時代の思い込みの中にいた訳で、今そういう枠をみんな取っ払おうとしている。

山頂近くに登り詰めた今日、そうした過去の思い込みの諸々が見えるようになって、

Img_0470

越し方の人生の機微に思いをはせたりもする。

とは言えやり直しなどかなわぬ訳だから、悔いを残さぬとすればすべてこれからだろう。

Img_0471

アフリカにナビブ砂漠があって、その砂漠の只中を一人走っている夢を見た。

砂漠だってこの地球上の世界だから、万端の準備があれば恐れるに足りないのかも知れない。

Img_0566

そう、もはや他人のことなど知ったことじゃない。何処まで行けるか、私は私の道を行く。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

センチメンタル

甲羅を重ねて図太くなったとは言え、自分はセンチメンタリストだと信じている。

子供の頃から情に感じやすく、本を読んでも映画を観ても、時に演説を聞いても涙を流していたりする。

Img_0450

単純な精神構造をしているのか、案外簡単に感極まってしまうのである。

最近でも、100kマラソンのゴール近くでは、かなりの確率で涙していることが多い。

Img_0451

それに音楽や歌でも、その世界の中に感情移入してしまっていたりする。

Img_0452

例えば歌なら、愛や別れ、幸せを歌われることが多いが、その「永遠を信じて」って歌われるだけで、心が波立つというか、切なくなってしまうのである。

Img_0453

永遠の愛や幸せなどある筈もないのに、それを信じようとする主人公に同情するのだろうか。

思えば人の世は思うままになるものでは無く、信頼し裏切られってなことを繰り返す。

Img_0454

甘い期待を懐こうとする弱い心は、何時もそうやって傷つき続けてきたのである。

Img_0457

何時の間にか感受性は鈍くなって、人生の割り切りを覚えるのだが、ふとした調子にその箍が外れるのである。

先日は直虎コンサートの録画を見て、あのドラマ以上に重厚な音楽に感激していた。

Img_0458

別に秀吉や信長でなくとも、田舎の小さな両国の主にだって、そりゃ壮大なドラマがあって何の不思議もない。

それはしがない我が人生だって同じ・・・と思った途端に涙が流れてきたのである。

Img_0459

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

ゲームの難しさ

今日は、随分久しぶりのサッカー観戦である。

Jリーグ6連勝で6位に順位を上げてきた、上げ潮ジュビロの7連勝を期待しての観戦だ。

Img_0546

試合開始1時間前にスタジアムに入ると、もの凄い人で既に立すいの余地無しだった。

ホーム側で聞くと、19時の試合開始なのに13時から来ているという。

Img_0547

場内をウロウロし、やっとフリーゾーンの隅っこに座ることがで出来たのだが、昨年の今頃とは大違いである。

やはりゲームは勝たなければ面白くない訳で、勝てば人はドンドン集まるのである。

Img_0554

それでゲームだが立ち上がり早々に、PKで中村俊輔が1点を先取して上々の立ち上がりである。

しかしゲームは得点争いとなって、後半に入って2-3と勝ち越されてしまった。

Img_0555

この時点で試合を見きって帰ったのだが、内容が良かっただけにボールを引き込んでの失点は残念だった。

人生でも何でも同じだが、時(或はゲーム)の勢いってものがあって、そいつに乗れば面白い様に結果がついてくる。

Img_0556

そうさなぁ〜、私だって得意絶頂で仕事したこともあるし、何をやっても駄目で苦しんだこともあった。

そんな時は縁起を担いだり、時には神頼み(黙々と山を走った)なんてことも有ったなぁ〜。

Img_0558

しかしまぁ、勝負の世界は勝つか負けるかしか無い訳で、想像以上に厳しい世界だ。

もちろんアマチュアのそれとは雲泥の差がある。

Img_0559

その自分の人生を掛けた一人一人の選手の動きに、自分の人生を重ねていたりする。

「ここで決めろ!!」と応援するが、本人は私達以上に攻めるも守るも真剣勝負なのだ。

Img_0560

ともあれ、青い芝生と満員のスタジアムの歓声・・・・これぞ夏の醍醐味だろうか。

スタジアムの人々の95%はジュビロの勝利を期待して集まった人々だが、果たして結果は?

Img_0561

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

私と文章

文章の面白さを覚えたのは、はっきり思い出せないが中学生の頃だったと思う。

学校の図書室から本を借り、冒険ものを中心に次から次へとワクワクと読んだものだ。

Dscn2149

本の中には自分の知らない世界がある訳で、その世界に入り込むのが快かったのだ。

やがて自分で書けないかと思う様になって、ノートにスケルトンを作って書き始めたのだが、

Dscn2157

その中身の心もとなさに数か月で放棄することになった。

だけど書いていると、その言葉の先から新しい発見があったりして、「あぁ〜書くってことは自分を発見することだ」と思った。

Dscn2158

仕事に就いてから、何故か企画部門に籍を置くことが続いて、当然ながら「書く」ことが仕事になった。

Dscn2159

書くとは、まず先に何を表現するのか明確なコンセプト(思想かな)が必要な訳で、

その時代や社会の動き、人々のニーズなどに敏感になって、それが私の土台になった。

Dscn2161

思えば立場を変えたりして、書くということで様々な自身の主張をモノにしてきたと思う。

しかしそれは社会的なことで、自分の意見を公にし始めたのは40歳を過ぎたあたりだった。

Dscn2162

職場の先輩が「農の風景」誌を発行することになって、その編集局長務めたことが契機だ。

隔月に発行したその同人誌は、全国に数百人の読者を得て、その後20年余続いたのだ。

Dscn2163

自身の生の考えを文章を公にするってことは、少しばかりの覚悟がいる。

冒頭に書いた様に、明確なコンセプトとは正に自身の哲学であって、言うならば自分を丸裸にする作業だ。

Dscn2165

以来裸になるのが平気になって、本を出したり新聞に連載したりと、結構恥も書いてきた。

このブログもその延長線上にある訳で、この書き込みで4,103日目になる。

Dscn2167

アクセスカウンターには、この間に74万余の閲覧が記録されているのだが、私が毎日書くことで何がしかの影響があるのかどうか?

先日お会いしたU野さんが、「毎日、同じ様なことを書いて・・」と仰っていたが、

Dscn2168

書き手は唯の一人だからそうかも知れないと思いつつ、「俺だって日々変わっているんだぜ」って心していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

人生の作品

人は何もしなくても歳を取る訳で、然したることを為した訳でもないのにやがて古希を迎える。

いやいや私だけでなく、この同年輩の知人縁者の顔を思い起こしながら考えている。

Dscn2122

歳を取ると言う事は若さという快適さを失うことでもあって、結果として無内容なただの年寄りになってしまう人が多い。

それは単に外見やライフスタイルだけでなく、何の価値観も持ち合わせない只の年寄りだ。

Dscn2124

夢も希望も無くって、失礼ながら「この人、何の為に生きているのやら」と感じる手合いだ。

現役時代はそれなりに気張っていただろうが、それが無くなって無内容になっちゃった感じ。

Dscn2125

そもそも人は何の為に生きるかってことを、多分考えてこなかったんだろうと思う。

それは金だよとか、仕事さとか、名誉だ、子孫の為だよ・・・などと考えているあなた!!

Dscn2130

それらはいずれも一時の通過点であって、人生の最大の作品は自分なんじゃないかと思う。

そりぁ私だって、50年も働いたんだから色々とあって、自費出版をしたり、遊びもした。

Dscn2132

「だから、それがお前の作品だろ」って問われると、それはもう過去の話さってことになる。

私達は今を生きているんだから、過去の作品なんて、そりぁ既に骨董の部類だ。

Dscn2133

まして価値が有ると思っているのは、残念ながら既に自分だけ(細君も絶対思わない)だろう。

どうやら人が歳を取ると、何を価値として生きてきたかが、その体全体に現れる様だ。

Dscn2134

日野原さんが105歳で亡くなったが、やはりあの人そのものが彼の最大の作品だろう。

老いるということは、実は精神のありようの如実な反映なんだろう。

Dscn2146

そういう意味で、心身ともに時間の経過もたっぷり浸み込んだ作品を創り続けたいと思う。

人間ってのは、簡単に言うなら、何を考えて生きているのかで決まるんだと思う。

Dscn2148

そして、自分なりの完成をさせて、静かに消えていけば良いんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

夏休みだぁ〜

夏休み真っ盛りである・・・筈だが、何処にも子供達の姿が見られない。

一体全体、何処でどんな過ごし方をしているのか心配な程である。

Dscn2104

私の頃はどこに連れて行ってもらえる訳でもなかったし、TVやゲームも無かったから、

とにかく外で遊んだ訳で、鬼ゴッコに殺生(魚獲り)、ささやかな冒険や縁台将棋を覗いたり、

Dscn2108

毎日村じゅうを駆けずり回って、村の中のそれこそ「人生いろいろ」を感じる貴重な機会だった。

Dscn2111

学校で何を覚えたってことよりも、体験的な夏休みの学びは遥かに貴重だったと思う。

それはともかく、実は私の日常が夏休みも夏休み、サンデー毎日になったのである。

Dscn2112

子供の頃のように鬼ごっこという訳にはいかないので、毎日山に行って走っている。

午前中の三時間ほどを急な山道を辿るので、毎日のダメージは相当なものになる。

Dscn2113

やがてこれが「普通」になるのではないかと続けているのだが、流石に疲労は貯まるようだ。

Dscn2114

ともあれ今日は、朝から久しぶりのささやかなお湿りがあって涼しく、計画通りの農作業を済ませた。

トマトやスイカの植わっていた所を耕し、這いキュウリと根深ネギを定植したのである。

Dscn2118

そう・・畑の一分を秋仕様に切り替える作業が始まっているのだ。

言うならば、これも夏休みの宿題のようなものだが・・・・・

Dscn2120_2

さても子供の頃の夏休みは、それは指折り数えて待っていて、それは夏の太陽の様に輝く存在だった。

再びその夏休みを満喫出来る身分になった訳だが、当然ながら勝手が随分と違っている。

Dscn2174

それは、あの頃には言葉すら知らなかった「黄昏感」ってものが、どこかに漂っている。

それに、この夏休みはずう〜っと冬休みにも続いていくのである。

Dscn2175

何はともあれ、この休みを精一杯使って、人生を謳歌せずばなるまいと覚悟している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

地史の妙

一昨日の直虎マラニックで巡った辺り(地域)の歴史に思いを巡らせている。

先ずは井殿の塚だが、これは直虎の大叔父の井伊直満とその弟直義の墓の様である。

Dscn2115

いずれも家老の小野和泉の守の策謀によって今川に殺されたのだが、この場所は井伊氏の居館の本丸跡に相当する様だ。

そしてその塚の立派な石垣は、嘉永五年に井伊直弼が墓参の際に寄進したと伝わる。

Dscn2116

この辺りには旧引佐町の役場や公民館があった場所だが、直虎の時代から中心地だったのだ。

それから井伊谷宮だが、ここは元々龍潭寺の敷地の北半分に造営された新しい宮だ。

Dscn2128

造営は明治天皇の勅命を受けた彦根藩主井伊直憲が、明治5年に後醍醐天皇の建武中興

(鎌倉幕府からの王政復古)を記念して造営された。

Dscn2131

境内西側には宗良親王の墓が京都の方向を向いて建てられ、傍らにはつき従った井伊道政らが祀られている。

圧巻は氣賀関所から500m程南西に離れた所にある堀川城址だ。

Dscn2136

田圃の真ん中の小さな城跡になっているが、実は歴史に残る悲劇の城でもある。

都田川を外堀として浜名湖の潮の満ち引きを利用して、干潮時だけ出入りできる設計だった。

Dscn2139

この城を永禄12年(1569)に家康が干潮時を狙って攻め、皆殺しにしたと言うのである。

しかもその数は千七百人余で、氣賀の住人の半数以上が殺されたと伝わる。

Dscn2141

生き残って捕えられた700人余はことごとく斬首され、川沿いの土手に首が並べられたとされ、今なお獄門畷と呼ばれている。

Dscn2145

戦国の世とは言え家康も残酷なことをしたもので、氣賀の地にそんな悲劇があったとはついぞ知らなかった。

Dscn2151

のどかな田園風景も過去から現在へと移り変わってきたのだが、・・・今、私達はその現代を生きている。

その同じ私達の先祖が繰り広げた歴史ドラマは、露骨な権力闘争であり、

Dscn2154

そこに浮沈した人々に思いをはせると、何だか不思議な郷愁をさえ感じるのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ