« 私は私 | トップページ | 我が魂 »

2017年8月 8日 (火)

好かれたくって!

私は貧しい農家の生まれだが、母親の愛情に包まれて育ったと思っている。

毎日が重労働の連続で、それでも家計は苦しく、父母の会話から子供心に生活の現実を意識していた。

Img_0462

朝は暗いうちから働き夜なべ仕事をして、それでもなお私は母親から愛情を受け取っていた。

母親の本能なのかも知れないが、「いつか、この母を喜ばせたい」と思って当然だろう。

Img_0473

やがて世間に出ると、母から注がれた様な情愛を他人にも求める様になっていた。

だけどそんな馬の骨を好いてくれる物好きなどある筈もなく、ようやく世間ってものを知った。

Img_0475

とかく人間は自分本位なのであって、自分に好意的な人を大切にするのである。

社会に出て職場の研修で「人を褒めることで、上手くいった・・・」話が印象的だった。

Img_0476

だけどお世辞は別にして、職場の競争相手をそんなに褒められるもんじゃない。

でも「あの人は、〇×がすごく上手い」などと噂すると、それは確実に自分のところに跳ね返ってきた。

Img_0477

そう・・・人は、自分のことを好きだと言う人のことを好きになるのである。

これを商売に駆使しているのが酒場の女性で、先ずは客を褒めて褒めまくって歓心を買う。

Img_0478

褒められて嫌な客などいやしないから、ひょっとして本気で好かれているのかと通い詰めるって訳だ。

これは世間一般でも同じで、自分に好意を抱く人間に好意を寄せる様になるし、私もそうだ。

Img_0479

味方を得たいし、自分を好いてくれる人は一人でも多い方が良い。

だけどこの人の世で、誰にもでも好かれるって訳もなく、果たして生涯に何人と心通じることができるのか?

Img_0480

ともあれ、私を好きだって(お世辞でも)言ってくれる人が好きだし、これは母の愛に通じる。

だけどさぁ〜、世の中って、この好きか嫌いかで案外動いているんだよなぁ。

Img_0481

|

« 私は私 | トップページ | 我が魂 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65639724

この記事へのトラックバック一覧です: 好かれたくって!:

« 私は私 | トップページ | 我が魂 »