« 青首ダイコンの心 | トップページ | 五尺四寸四部 »

2017年9月10日 (日)

湖西連峰縦断

T造さんの誘いで、浜名湖西岸の山々を新所原から細江まで一気通貫に走ることになった。

県境の新所原から山の尾根に出て、尾根伝いに多米峠、平山峠、宇利峠、金山、瓶割峠、

Dscn2416

冨幕山、尉ヶ峰を経て細江の国民宿舎までの32kである。

Dscn2417

32kとは言え山中の登り下りの連続で、平地に換算すれば60kは十分にあるコースである。

Dscn2419

早朝7:30駅に集まったのは8名の健脚揃いで、勢いよくスタートしたのだが、中々に距離が進まない。

Dscn2421

休むことなく走り、それで18k地点の宇利峠に着いたのは、何と13時少し前だった。

Dscn2422

水の補給の無い尾根道で、携帯した水が尽きかけていたが、ここにはOYさんが冷たい飲み物を準備して待っていてくださった。

Dscn2424

やっと息をついて、暫しの昼食休憩の後、慌ただしく残りの道程を辿ったのである。

Dscn2426

何しろこのままでは暗くなってしまう不安があって、とにかく先を急ぐのだがそれが・・・・。

Dscn2431

最後の難所は富幕山だが、この山が最も山体が大きく裾野も広がっていて、

Dscn2432

やっとのことで山頂をクリアーし、下り降りたところが風越峠だが、この時点で16:00だった。

Dscn2433

ここから更に登り返して尉ヶ峰へ、このピークからゴールまでは5kの距離である。

Dscn2437

実は途中で一人二人と脱落し、この時点で先頭を走るのは3人になっていた。

Dscn2438

実は尉ヶ峰からの私は、ゴールが近づいたこともあって快調で、心地よく飛ばすことが出來た。

Dscn2441

お蔭でまだ暗くならない17:43にゴールに辿り着くことが出來た。

32kを11時間余で走破したことになるが、この行程は中々に大変なコースだろう。

Dscn2447

誰もが簡単に走れるってもんじゃないが、私の場合来週の丹後100kを前にして、

かなり自信を付けたランになったのである。

Dscn2450

これまで二か月余の特訓が、かなり血となり肉となっている様である。

|

« 青首ダイコンの心 | トップページ | 五尺四寸四部 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日は、ありがとうございました。私がゴール6::00には、もう山草人さまは、とっくに帰った後でした〔笑〕速っ!丹後楽しみですね♡♡♡

それにしてもハードなコースでしたね(//∇//)

投稿: よっぴー | 2017年9月10日 (日) 22時15分

あの大変なコースを完走してしまうなんて、流石世に聞こえたよっぴーさんですね。山の中に入ると、見違える様に元気になるその秘訣は何なんでしょうか?
 ともあれお疲れ様でした。今週は丹後に備えて、十分休養することにします。
                山草人

投稿: 山草人 | 2017年9月11日 (月) 06時51分

トップゴールの素晴らしい生健脚、拝ませて頂きました。さすがです‼️
暗くなる前に風越峠から走らせて貰ったけど、その9キロでもなかなかのアップダウンでした。丹後のご健闘を祈ってま〜す❣️

投稿: 弥生 | 2017年9月11日 (月) 08時14分

大変なルートでしたね。
それでも最年長でトップゴール!
皆さんで感心するやらで尊敬致します。
軟弱私は早々とリタイア、今から鍛えようとおもっても筋肉が言うことを聞きません!最近はサプリとマッサージに頼ってますがなかなか効果は感じられません。
対策をご教示下さい。

投稿: かわい | 2017年9月11日 (月) 09時58分

弥生さん、一日お疲れ様でした。あの、ながぁ〜い18kをやっと終えて宇利峠に出ると、弥生さんの姿が見えて、本当にうれしかった。観音様のように、後光がさしていましたよ。
 お蔭で最後まで辿り着くことが出来て、戴いたあの一口のビールは、殊の外おいしかったなぁ。とにかく、一日お世話になりました。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年9月11日 (月) 13時37分

 かわいさん、お疲れ様でした。あのヤブコギの山中を、一人で進むのは至難の業ですよね。後生大事に自分との相談は当然のこと。
 ローマは一日にして成らずと言いますが、人間もどうやらコツコツがコツのようで、毎日の積み重ねしかないようです。この3か月かなりの走り込みをしてきましたし、故に体重も53kを上回ることがありません。一日お世話になりました。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年9月11日 (月) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65775311

この記事へのトラックバック一覧です: 湖西連峰縦断:

« 青首ダイコンの心 | トップページ | 五尺四寸四部 »