« あぁ〜遠山郷 | トップページ | 言葉を書くってこと »

2017年9月25日 (月)

天空の里を走る

南アルプスと伊那山地に挟まれた谷間に佇む遠山郷、その山里を走るマラニックだ。

主催は地域おこしを目指す地域ぐるみの実行委員会で、今回で11回目を迎える。

Img_0680

兼ねてから知る人ぞ知る人気の大会なのだが、毎年丹後100kと重なって私は初参加だ。

Img_0682

前夜は遠山川の畔に張ったテントで、沢音と虫の声を子守歌に寝たのたが、

Img_0683

まだ暗いうちから、ざわざわと周りは動き出していた。

Img_0685

朝の五時半にはスタート地点に熱いお茶や特産の饅頭が用意されていて、ランナーが起き出してくる。

Img_0687

その道の駅遠山郷では6:00に開会式が始まって、式の最後は神主の祝詞の後、お守りの木札が全員に配られる。

Img_0691

私もこのお守りを首に掛けると、何となく今日一日の快適なランが約束された様な気になった。

Img_0692

6:30記念撮影の後、参加の150人余が三々五々(?)スタートして行く。

Img_0694

(どうやらこの大会は、人それぞれの楽しみ方があるようだ)

Img_0695

私はむしろ先頭集団に近い位置で小嵐山を登っていくと、最初の合戸峠にエイドがあった。

Img_0696

「あいど」とは、その昔山の両側から登ってきた人達が出会う峠だったことに由来するという。

Img_0698

さらに山頂近くまで登ると子嵐稲荷神社があって、村の衆が太鼓を打ち鳴らしながら待っていた。

Img_0699

この稲荷社は何と正一位とあって極めて位が高く、静岡方面からの講も組織されているらしい。

Img_0702

この山を一気に駆け下ると、そこには旧木沢小学校(猫の校長先生のいる博物館)があって、

Img_0703

やはりここにも村の衆がご馳走を準備して待っていた。(ここでは蕎麦と栗を戴いた)

Img_0705

更に進んで旧森林鉄道の梨本停車場から右折して、遠山川を遡ってあの下栗の里に向かう。

Img_0708

川沿いの道を行くと、やがて道はつづら折りの山道になって、ここは流石に歩く他なくなった。

Img_0709

この日本のチロル(オーストリアのチロルに似ている)と呼ばれる里は、標高1100mまで続いていて、

Img_0715

その頂き近くのはんば亭に盛大なエイドが設営されていて、

Img_0717

ここでは揚げ饅頭やらブルーベリー、リンゴと梨の砂糖漬けをたっぷりと頂いた。

Img_0721

更にその1k先に「天空の里ビューポイント」があって、林間の道を辿ると下栗の里を見下ろす絶景が広がった。

Img_0727

この地点が25kで今回のコースの半分弱に過ぎないのである。

Img_0724

さてもここからは下りが多くなって、先ずは下栗林間遊歩道を下ること2.5k余り。

Img_0726Img_0730

そして中根集落に入ると、ランナー大勢がたむろしていて宴会状態ではないか。Img_0731

私もこの中に加わって、栗汁やら栗結び、それから色々と腹一杯戴いて、

そこに根が生えるのを恐れて、その先を急ぐことにした。

Img_0732

Img_0734

更に山をずう〜ッと下り切ると、梨本ていしゃばで、ここでは幻の豚の葱まを戴いた。

Img_0737

流石にお腹が重くなったのだが、まだ先は遠く川沿いの道をひたすら進んで、今度は名水の源である龍淵寺への石段を登る。

Img_0738

かつての遠山和田城跡とかで、このエイドで給水して、最後の八重河内地区の山に向かう。

Img_0740

途中の陶芸館ではヤマメを焼いて下さっていて・・・流石にもう食べられなかった。

Img_0742

しかしながら更に山を登らねばならず、ほとほと参った頃、

Img_0743

Img_0747

村のエイドがあって、ここではスズメバチのから揚げとハチの巣密を戴いた。

Img_0749

スズメバチのように坂を飛んで降りられるというのだが、・・・ともかく15:00近くゴールに辿り着いたのである。

Img_0753

Img_0758
最後はかき氷を戴いただいたのだが、この日の実質走行距離は54kくらいかな。

 

|

« あぁ〜遠山郷 | トップページ | 言葉を書くってこと »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。初の遠山郷楽しめましたでしょうか?ご挨拶する間も無く、後夜祭にも出られずに帰られてしまって残念でした。
兵越峠越えのルートは狐に化かされる事もなく、大丈夫でしたか?
また今週末宜しくお願いします。

投稿: 弥生 | 2017年9月25日 (月) 22時28分

チャレンジマラニックin遠山郷お疲れさまでした、小嵐稲荷までの登りほんときっかったです、でも山草人さんは、こんな坂楽しいじゃん気持ちいいとすいすい登って行かれました、やっぱり山登りの鉄人にはついて行けません「下を見ないで前を見て歩かない!」苦しかったですでもこのおかげで後半頑張れた気がします、今回の教訓次回の山登りに生かせたらいいなぁと思います、ありがとうございました。

投稿: うっちゃん | 2017年9月25日 (月) 23時24分

弥生さん、あの坂道の転倒で左足全体を痛めた様で幾分大変でした。でも弥生さんのテーピングのお蔭で、何とかゴールまで辿りつけました。有難うございました。
 帰途は勿論兵越峠を越えましたが、ナビにはあの道路が有りませんでした。それで何と、遠山から自宅まで2時間半で来てしまいました。まったく、キツネに騙された様な感じですね。それにしても昔の人は蒼崩峠を歩く他なかった訳だから、大変だったよねぇ。
 来週もお世話になりますが、防寒対策をしっかりして向かいます。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年9月26日 (火) 12時49分

 うっちゃんさん、お疲れ様でした。でも流石に後半は強いですね。あの転倒がなくても、スイスイと置いていかれたんだろうなぁ。遠山郷、何だか惚れこんじゃいました。来年は丹後と重なったら、悩んでしまいそうです。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年9月26日 (火) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65835083

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の里を走る:

« あぁ〜遠山郷 | トップページ | 言葉を書くってこと »