« 自分を生きる | トップページ | 復興途上を走る »

2017年9月30日 (土)

仙台の街にて

明日の東北・みやぎ復興マラソンを走りに、仙台の街にやってきている。

嵩上げ地域と旧来の道を名取から遠隅駅辺りまで往復するマラソンで、

Img_0765

震災からの復興状況をつぶさに見せようと企画されたランだ。

仙台駅に降り立つと、そのマラソンに参加するランナーを含め、大変な人混みであった。

Img_0766

集合時間の15時まで少し時短が有ったので、伊達政宗候の廟所である瑞鳳殿に行ってきた。

Img_0767

この廟は、政宗が70歳で江戸に没した後、遺体を瓶に防腐措置をして詰め、仙台に運んでこの地に葬った所である。

実は廟は空襲で焼失していたのだが昭和54年に再建され、その折に瓶が掘りだされ、

Img_0770

何かと調査されていて、その結果によると血液型B、身長159cm、死因は喉の癌だったらしい。

ともかくも一生一代の伊達男、仙台は政宗が造った街である。

Img_0772

霊廟は、いかにも正宗かくやありなんと思わせる佇まいであった。

駅に戻って皆を待ち合わせ、今度は仙台(青葉)城の見物に向かったのである。

Img_0783

とは言え仙台城は石垣だけの跡で、今年で正宗生誕450年を記念したイベントが行われていただけだ。

Img_0786

でも仙台の落ち着いたたたずまいはどこからくるのか、城跡からはあの震災の海岸が見渡せた。

Img_0792

みんな(11人)で夕食を済ませて、今は明日の準備をしているところだ。

そう、仙台は落ち着いた良い街である。

Img_0778

|

« 自分を生きる | トップページ | 復興途上を走る »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65856296

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台の街にて:

« 自分を生きる | トップページ | 復興途上を走る »